Last_Hacks

 この閉塞感に穴を開けよう。

Web2.0とかそろそろ聞かなくなりました

 インターネットの世界での情報量の増加は相変わらず爆発的で、もはや全てを知るどころか、ダイジェストすら読むことは困難となってきました。
 このような状況に敢然と立ち向かうgoogleは、沢山のコンピューターの力技で、人智を超えた情報整理を実現しようとしています。日本では、検索エンジンがWebサイトをクロールして情報を蓄えるのが違法ということで、この方法は使えません。残念。
 でも、人間の頭脳はコンピューターより優れているわけで、人間を沢山使う力技で情報を整理すればよりよい結果がでるわけです。今のところそれがうまくいっているのが、2ちゃんねるとはてなブックマークじゃないんでしょうか。しかも今のところ日本語なので、これらの恩恵を受けるのは日本人だけです。googleもmicrosoftもないから日本は遅れているというのは、何か重大なものを見落としている気がします。
  1. 2008/03/17(月) 15:48:49|
  2. インターネット|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

人間と機械のハイブリッドな将来像

 生き物の進化というのは2世代3世代という話ではなく、1000世代とか10000世代にかかって少しずつ変わっていくものです。
 しかしながら、脳内にチップを埋め込んだり、マイクロマシンが血液中を流れることによって飛躍的に寿命を延ばす新しい人類が誕生すると言う説があります。
ほぼ日刊イトイ新聞 -担当編集者は知っている。

ポスト・ヒューマン誕生―コンピュータが人類の知性を超えるとき
レイ・カーツワイル 井上 健 小野木 明恵 野中香方子 福田 実
日本放送出版協会 (2007/01)
売り上げランキング: 4701
おすすめ度の平均: 4.0
5 科学信仰の告白書
2 時代錯誤の科学信仰
4 最後に宇宙が覚醒する?


これは読んでみたい、いやぜひ読まねばと思っていたんですけどね、ちょっと横においといて、体の話。

 人間の足は、ジャンプに適した形には作られていないわけです。skyjumperという靴を履くと、超人的なアクションが楽しめます。
FOBON INDUSTRIES CO.,LTD


 つまり、チートじゃないかということなんですよ。それじゃ、人生つまらなくなりそうです。
  1. 2008/03/17(月) 01:48:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

せっかくの才能が埋もれていく

コミュニティエンジンの中島謙吾氏は知る人ぞ知る天才プログラマである。そんな彼のインタビュー記事がこちら。
プログラミングを愛し、ゲームと歩んだ30年の全記録(第11回:中嶋謙互) - CNET Venture View

どうしようもなく残念なのがこの決断。
また、2005年に自分のリードプログラマーとしての限界を感じ、2005年以降からは社長業に専念することにしました。

日本には社長と呼ばれる人が200万人もいるわけです。一方、次の時代のゲームシステムを作れる人なんて、世界に100人いるかどうかです。言葉にも不自由しない彼なら、海外のどこでも最高の待遇で力を発揮できるでしょう。小さな会社の資金繰りの心配とかしてる場合じゃないです。人には向き不向きというものがあるんですから。

 そして、「自分では絶対にできない仕事をやれる人がいっぱいいるんだ」ということへの気づき。デザインや僕の得意分野であるプログラミングの分野でも全く違うバックグラウンドやスキルを持っている人間がいて、彼らの才能が合わさらないとできないことがたくさんあるということが分かりました。

周囲の人の力を引き出すなんてことは、力のない人がやるべきだと思うんですけどね。もったいない。
  1. 2008/03/16(日) 01:03:30|
  2. コンピューター|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スマッシュブラザースXを2人で遊べない

 子供がスマッシュブラザースXを買った。でも、どうしても1人でしか遊べない。2人用のWiiリモコンを認識しないのだ。画面には+かSTARTを押せと書いてあるのに。
 メニューのどこを探しても、マニュアルをじっくり見ても書いてない。いやー、子供たちと一緒に探しました。

 原因は「コントローラーがホーム登録されていない」でした。
ゲームではなくwiiメニューのとことで、Wiiリモコンの電池蓋をあけたところにある赤ボタンを押して登録します。初めてのwiiとかwiiスポーツでいままでずっと動いていたのは、ゲストリモコンということらしいです。
 ちょっと、不親切じゃないですかね。というか任天堂に電話すればよかった。

 
  1. 2008/03/16(日) 00:45:23|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

最近良く見るサイドバーの日本地図

 サイドバーに日本地図を良く見るようになった。「なかのひと」というサービスらしい。
アクセス解析 with 位置情報 「なかのひと」
 早速登録してみた。アクセス元の企業、団体の場所がわかるらしい。
これって、個人のアクセスが主体だったら、全部プロバイダの住所になるんじゃないかと思う。

 google analyticsのほうが得られる情報量は多くて面白い。地図は世界地図だけど。
 Google Analytics
  1. 2008/03/13(木) 01:14:27|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

海外で生きていくためには

 もう日本なんか捨てちゃえとかよく聞くけどね。
日本でしか生きていけないと将来破滅するリスクがあるので、世界中どこでも生きていける戦略のご紹介 - 分裂勘違い君劇場

 サンフランシスコとかに行くと、タクシーの運転手をしている元エンジニアによく会います。まあ、実力社会ですから負けたらしかたがないですね。
 海外は医療保険がべらぼうに高いので、ちょっとした年収の違いで移住を決めたら病気になったとき大変ですよ。あと、物価も意外と高いです。もらう給料だけじゃなく、使うお金も考えてね。
 なんてね、イヤなことばかり言ますが、海外での生活はいい経験になるんじゃないでしょうか。
日本人が海外で暮らしてみると、さまざまな小さなニッチビジネスのチャンスに気がつくことがあります。

海外で日本を捨てたという人ほど、日本人であることを利用しているわけです。いや、祖国を利用していかないと、実力社会で生き残るのは簡単ではないですから。


  1. 2008/03/11(火) 02:08:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

それでもBクラスは必要です

「Aクラス理論」:Aクラスの奴はNoを言わない上に褒めるのが上手い。 - shibataismの日記

 何を持ってAクラスというのかわからないのですが、Web2.0的な定義とをすれば、Noと言わないほめるのが上手な人といって、思い浮かべる人のことでしょうか。なんとなくわかりますけど。
 それでは逆に、YesよりNo、楽観的より悲観的、斬新さより前例を優先し、他人のミスは厳しく追及する人をBクラスとしましょう。
 負け続ける集団においては、Bクラスの人がキーマンとなっています。考えてみれば当然のことで、負けることのほうが多ければ、悲観的な予想をする人のほうがよくあたります。

 Bクラスの人たちは社会の害悪であり、この世からいなくなって欲しいですか?いやちょっと待ってください。彼らにしかできない仕事は結構あります。
 今後縮小することが確実な市場では、無理なチャレンジをしたり、劇的な終了をするよりは少しずつ消滅するほうが消費者にとっては好まれます。あるいは、なんら代わり映えせず同じ仕事をする職場もあります。なにより、Aクラスの人がチャレンジをして失敗したら、だれがフォローするかを考えたら、Bクラスの人は大事にしないと。

 そんなBクラスの人は幸せかといえば、世の中には、わずかなリスクですら許容できない種類の人がいて、先の見える将来を何より好みます。本人は不安になるよりは満足しない安心がいいんじゃないでしょうか。

  1. 2008/03/09(日) 21:18:29|
  2. 仕事術|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

もう、死ぬまで働かなくてもいいとしたら

 以前、あるギタリストの方がラジオで言ってました。最近忙しいんですけど暇ができたら、朝から晩までギターを弾きたい。
 ある野球選手の人がテレビで言ってました。「草野球やりてー」

 私ですが?もちろん、暇になったらコード書きますよ。
  1. 2008/03/06(木) 01:56:06|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

テレビはだめだと何度も言われてきたけれども

正直、何度目のだめなんでしょうか。

小寺信良:正直、テレビはもうダメかもしれん (1/3) - ITmedia +D LifeStyle

「著作権では本来、制作費を全額負担している場合は、著作権は制作費を負担する側にあるのが普通である」

 テレビ局が金を出して作らせているんだから著作権はテレビ局のものだという考え方は、会社が給料払って作らせたものは会社のものだという延長線上にあるのだろう。確かに業務で製作したプログラムの著作権は会社のものになる。映像だけが特別という考えもおかしい。
 ゲームの場合映像、音楽、プログラムの3つで成り立っているので、プログラムだけが冷遇されることに理不尽さを感じる。話が横道にそれた。
 
 タレントが馬鹿騒ぎするだけでコンテンツが成立するのが地上波テレビの良さではないか。テレビというのは、唯一見ることを意識せずに視聴できるメディアである。衛星放送やケーブルテレビは見たいものを探して予約する。ニコニコ動画ですら積極的に見たいものを選択する必要があるのだ。

現状のタレントが大騒ぎするだけの番組は、もともと消費財である。消費者側にも二次利用のニーズは少ないだろう。無駄にトラフィックを圧迫するような無理矢理な送信されても、ネットを使いこなすような新しい消費者は「No Thank You.」と答える可能性すらある。

 消費されるコンテンツ結構、ネットが万人に使われるためには後に残らない消費されるコンテンツこそ必要。Rimoがこれを目指しているが、いまひとつうまくいっていない。
 
 再びゲームの話に脱線するが、飽きることなく時間を消費するという高みにまで到達したゲームはすくない。インベーダー、パックマン、ギャラガ、テトリス。 目的やストーリーを持たないからこそ、長く遊べるものなのだ。
  1. 2008/03/04(火) 00:46:08|
  2. メディア|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ベタが好き

 多くの売り上げを上げるサイトは、やたらと字がでかくレイアウトがでたらめで、スクロールを多用する。
japan.internet.com Webビジネス - 売れないオンラインショップの条件
 手書きポップで売り上げアップと同様かもしれない。あるいは、オンライン販売でモノを買う人がどんな気持ちで買っているのかを考えれば当然のような気がする。
 「欲しい」=>「じゃあ注文しよう」という流れには簡単にはならない。背中を押してくれる何かが重要なのだ。だから体験談を大量に書く。
 デザインがどうだとか言う人は、あまり不要なモノを買わない人じゃないかと推測される。
  1. 2008/03/04(火) 00:27:52|
  2. マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ