Last_Hacks

 この閉塞感に穴を開けよう。

T−falの電気ケトル、これはいい買い物であった

先日購入したT-falの電気ケトルが実にいい感じです。購入前にはいくつかの不審な点を疑問に抱いていました。

使用前)保温できないと困るのでは
使用後)1分以内に沸騰するので、保温する必要はない

使用前)電気よりガスのほうが効率がいいのでは
使用後)余計な熱を周囲に撒き散らさない分、逆に効率がいい。

使用前)沢山沸かせないと困るし
使用後)必要な分だけその都度わかせばよろしい。

ということで、今年最大の買い物でのヒットかも。


  1. 2008/05/05(月) 01:23:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本食といえばカレーだろ

 海外に長くいるとどうしても食べたくなるのが「カレー」。寿司バーでも鉄板焼きでもなくカレー。そう思うのは日本人だけだろうと思っていたら、そういうことではないらしい。
「日本のカレーライス」を熱愛する米国人記者が語る『ゴーゴーカレーNY店』 | WIRED VISION
  1. 2008/05/02(金) 00:09:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

パソコンにインストールされたソフトウェア

 会社のパソコンがリースアップして、新しいマシンに切り替えることになった。中のソフトウェアを整理したら、インストールされている有料のソフトが実に少ないことに気がついた。
 ちょうど10年前のバックアップがあったので比較してみた。

今のパソコンにインストールされているもの
 Microsoft Office,Visual studio,vmware,emeditor 以上

10年前のパソコンにインストールされているもの
 Microsoft Office,Visual C++,emeditor
 駅すぱあと,英和辞書,翻訳ソフト,ccmail,ATOK
 素材集CD,ホームページビルダー,Visio,FlowCharter
 秀Term,会社情報CDROM,OCR,いくつかのゲーム

 そりゃ、パッケージソフト売れなくなるわ。ATOKを除いてみんなネット上のあちら側に行っちゃった。



  1. 2008/04/29(火) 01:30:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

ロードバランサーによるトラウマ

 マッチョかウインプかという話はどうでもいいが、たびたび登場するロードバランサーについて思いついたことを書いてみる。
不運と理不尽に襲われたとき、うまく切り抜ける人と、逃げ切れずに酷い目に会う人の違い - 分裂勘違い君劇場
 まずロードバランサーというものを知っている人は余りいないと思う。どんなものかを簡単に説明しよう。
 Webサイトで人がいっぱい来るようになると、1台のサーバーで処理できなくなる。じゃあ、ということで複数のサーバーを用意して、その振り分けを行うのがロードバランサー。たとえば受付窓口がいっぱいあるときに、総合受付があって「3番窓口にいってください」みたいな話。人気サイトにはたいていあるので、誰もが知らない間に使っている。と言っても、ロードバランサーの選定購入に立ち会う人は実に少ない。そんなに沢山売れる機械ではないからだ。なにせ総合受付である。

 値段はかなり高い。500万や1000万とか、おまけに保守料が普通のサーバーに比べてべらぼうに高い。でもね、同じ性能のものをapacheでmod_rewriteなんかを駆使して無料で作れたりするわけです。ハァ?と思われるかも知れませんけど。
 購入する側にとって、この高額な価格には、多大なサービスへの期待がこめられているわけです。アクセスが膨大な人気サイトの管理者だったら、サーバー能力不足でダウンさせるわけにはいかないので、少々高くても保険だと思って買います。自分で作ったら、問題が起こったとき誰も助けてくれませんからね。

 そんなロードバランサーですが、まあ大抵トラブルを起こします。特に携帯サイトでは予想外の事態になります。日本の携帯は特殊なのでテストしてないでしょ。
 どうにもならなくなってベンダーに問い合わせたら、「仕様です」って逃げようとするのを、食い下がって問い詰める。そんな素敵な思い出?が、大きなサイト管理者たちにはトラウマになっているようです。まあ、本来は運用者が勝ってレンタルするものであって、サービスを行う各社では買っちゃいけないものなのかも。
 ロードバランサーのエキスパートがいるデーターセンターは素敵です。でも技術が個人にあったりするので、その人が辞めちゃったらどうにもこうにも。
  1. 2008/04/10(木) 01:54:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マイ遊園地

サンフランシスコから南に言ったところにネバーランドがあります。マイケルジャクソンが多額の私財を投じて作った自宅、googlemapではAの場所です。深い森の奥、無人の丘に遊園地のようなメリーゴーランドが見えます。


大きな地図で見る

 遊園地というのは、過ごしやすい土地の上に面白い建物を建てただけでは骨組みでしかなく、そこに教育の行き届いたスタッフとよく練られたアトラクションで肉付けされてこそ楽しい空間として成立します。そこにお客さんが来て笑顔で遊ぶから、作った人は満足し働く人は生きがいを得ます。
 個人のために作られて、骨だけで放置されたら、骸骨のように醜悪なものでしかありません。

 セカンドライフをしばらくやってわかったことは、土地や建物自体に価値があるわけではなく、人が集まるからこそ価値があるということです。土地本位制ではなく人本位制、誰も来ない土地に価値はありません。都市開発をやってらっしゃる方には当たり前なんでしょうけど。
  1. 2008/03/22(土) 02:05:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

ウマでよくね。とか言うの禁止

 Boston Dynamicsの4足歩行ロボット。黒タイツをはいた人が荷物を支えているようで生々しい。

これだけの技術があれば2足歩行もできるのではないかと思うのだが、それ以外の物ばかり作っている。
実用性を狙ったBigdog
6本足のRHex
BigDogとは別物のLittleDog
昆虫のようなRiSE

 聞いた話では、宗教上の理由から海外では2足歩行のロボットを開発しないそうだ。なんでも立って歩くのは人間だけで、人間を作ることができるのは神様だけらしい。ほんとかな。
 日本で2足歩行ロボット研究が多いのはアニメのせいだと思うが。

  1. 2008/03/20(木) 12:55:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

人間と機械のハイブリッドな将来像

 生き物の進化というのは2世代3世代という話ではなく、1000世代とか10000世代にかかって少しずつ変わっていくものです。
 しかしながら、脳内にチップを埋め込んだり、マイクロマシンが血液中を流れることによって飛躍的に寿命を延ばす新しい人類が誕生すると言う説があります。
ほぼ日刊イトイ新聞 -担当編集者は知っている。

ポスト・ヒューマン誕生―コンピュータが人類の知性を超えるとき
レイ・カーツワイル 井上 健 小野木 明恵 野中香方子 福田 実
日本放送出版協会 (2007/01)
売り上げランキング: 4701
おすすめ度の平均: 4.0
5 科学信仰の告白書
2 時代錯誤の科学信仰
4 最後に宇宙が覚醒する?


これは読んでみたい、いやぜひ読まねばと思っていたんですけどね、ちょっと横においといて、体の話。

 人間の足は、ジャンプに適した形には作られていないわけです。skyjumperという靴を履くと、超人的なアクションが楽しめます。
FOBON INDUSTRIES CO.,LTD


 つまり、チートじゃないかということなんですよ。それじゃ、人生つまらなくなりそうです。
  1. 2008/03/17(月) 01:48:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

海外で生きていくためには

 もう日本なんか捨てちゃえとかよく聞くけどね。
日本でしか生きていけないと将来破滅するリスクがあるので、世界中どこでも生きていける戦略のご紹介 - 分裂勘違い君劇場

 サンフランシスコとかに行くと、タクシーの運転手をしている元エンジニアによく会います。まあ、実力社会ですから負けたらしかたがないですね。
 海外は医療保険がべらぼうに高いので、ちょっとした年収の違いで移住を決めたら病気になったとき大変ですよ。あと、物価も意外と高いです。もらう給料だけじゃなく、使うお金も考えてね。
 なんてね、イヤなことばかり言ますが、海外での生活はいい経験になるんじゃないでしょうか。
日本人が海外で暮らしてみると、さまざまな小さなニッチビジネスのチャンスに気がつくことがあります。

海外で日本を捨てたという人ほど、日本人であることを利用しているわけです。いや、祖国を利用していかないと、実力社会で生き残るのは簡単ではないですから。


  1. 2008/03/11(火) 02:08:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ドコモでYOuTube

ドコモにはよほど回線に余裕があるらしい。
googleとドコモが協力して、ケータィで動画をはじめた。
モバイルで YouTube
 このニュースをソフトバンクの広告が載っているyahooで発見するとはなんとも皮肉な話だ。
  1. 2008/01/25(金) 01:11:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ある意味アクセスカウンター

MyMiniCity というのが、ちょっと前にtwitterで流行っていたそうです。

 ページビューに応じて町が発展していきます。シムシティのように何かを積極的にすることはなく、ただアクセスを待つだけです。この割り切りはすごい。でも、待つだけ。
 同一IPはカウントアップの対象にならないので、ちょっと考えてみた。
 FONのルーターを経由してもipアドレスは同じ。ルーターなんだから、VPNで出口は別のところにして欲しい。
 VPNといえば、会社VPNでログインしてアクセスした。とはいえ、プロキシ経由では全部同じアドレスになる。wgetではカウントは増えない。javascriptが実行できる必要があるみたい。
 プロキシといえば、無料webサーバーにproxyのcgiをおけばよい。サービスを探してみたが、geocitiesとiswebを除いて基本的に個人がやっている。そういうのを利用するのは申しわけない。
 翻訳サービスとかでアクセスしても、キッズgooのフィルターでアクセスしても表示されない。対策済みらしい。

 ケータイのフルブラウザでアクセスする。意外とアドレスが変わるらしい。カウントがあがった。

 よく考えてみたら、広告などでページビューを稼ぐために必死な人たちがどこかにいるわけで、たくさんのIPアドレスを持っているというのは、思った以上の資産かもしれない。
  1. 2008/01/05(土) 14:43:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ