Last_Hacks

 この閉塞感に穴を開けよう。

愛される人の大きさ

 人を愛するときは対象を選ぶことができる。その人のために何かしてあげたいと思う。
 愛される人にとっては選択肢は2択。嫌いな人から愛されたとき、どうでもいい人から愛されたとき、申し訳ないのですがつらいです。ということをハッキリさせていただいてありがとうございます。

この話を聞いたのはもう何年も前ですが、ちょっと当時の僕にとっては衝撃的で、人間というものをいろいろ考えるきっかけとなりました。自分の欲望じゃなく、相手への好意のしるしとして、人間はお金を受け取ったりするんだ、と思いました。考えてみると、ぼくも好きじゃない人間から飯を奢られたりするのは大変な苦痛なので避けます。
人脈の価値について、昔、聞いた話

誰からも愛されることを否定しない人は、教祖になれるんじゃないかな。
  1. 2009/07/09(木) 00:26:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ロングテールのヘッドは無料化 | ホーム | 文体から本人を特定する>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ohsaruman.dtiblog.com/tb.php/508-d2eb2fd2