Last_Hacks

 この閉塞感に穴を開けよう。

ブルーオーシャンというのは市場経済の非効率

 やっぱり参入障壁が低くて市場が大きいところは、競争相手も集まるということで、今はiphoneのデベロッパーはレッドオーシャンのドロドロの中で体力勝負をやってます。短い夢だったなあ。
 世界中がネットでつながれた現代において、ブルーオーシャンは長期的に見れば存在しないと考えるべきなのでしょうか。

 そういえば、ランキング1位にもなったFlight Controlの売り上げが公開されていますね。結構な本数ですが、1本の値段が据え置き型ゲーム機に比べて格段に安いですから金額にすると、会社としてはかなりしょんぼりな数字になります。
Firemint Blogtastic: Flight Control Sales Numbers

iPhoneのコンテンツ市場は、参入障壁が低くレッドオーシャン化してますから、コモディティ化して最終的には、無料で良いコンテンツが勝つにきまってます。

イメージとしては、駅前の自由市場でショバ代を払ってキムチ売りのおばさんが、一人増え、二人増え、そしてトッポギやら、フランクフルト・・・、いろいろごちゃごちゃたくさんいろんな人が売り始めちゃって、安さ勝負したり、クオリティ勝負したりして、ハチャメチャ状態。

そんななかで、ボクらが得意な分野に特化して開発を行い、高価格帯で、世界で欲しい人にだけ、マニアックなものに絞り込んで限定して販売しています。先の 8Bitoneは、ファミコン音源のシーケンサーなんですが、海外では早速話題になっています。ボコーダーも、値段は高いのですが、スマッシュヒットです。

ナグレオブログ : iPhoneは吉幾三デビュー!?

 というように安売り競争から抜け出して、顧客をしぼって高くても売れる方向にシフトするのが生き残るための戦略なんでしょうね。

だからといって、似て非なる別の市場「Windows Marketplace for Mobile」とか「Android | Market」とか、マーケット自体が立ち上がりそうにないのに、多くのライバルが待ち構えているなんてぞっとします。


  1. 2009/05/29(金) 00:13:31|
  2. ビジネス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<どうして2段階定額料金は安くならないのか | ホーム | 捨てる勇気>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ohsaruman.dtiblog.com/tb.php/489-67b157f1