Last_Hacks

 この閉塞感に穴を開けよう。

バカに諭すように書いていただいたのに、理解できなくてすいません。

 発端はこれ。

生産性の話の基礎


 同じ仕事をしているにもかかわらず、賃金格差が10倍以上あるのはなぜかということ。
 中国で作ったユニクロの服を着て、タイで作ったニトリの家具を買って、仕事を海外に出している私にとって、それは搾取ではないかという罪悪感が常々ありました。

賃金の水準は、絶対的な生産性で決まるんじゃない。その社会の平均的な生産性で決まるんだ。」山形氏は赤で書いてまでこれを力説した。免罪符になる実に素敵な理論です。
でも、口当たりはいいけど、飲み込めません先生!。

 まず、全体を通して便利に使われている生産性の意味をWikiPediaで確認してみた。
資源から付加価値を生み出す際の効率のこと。
設備から生み出した価値である資本生産性と単位労働時間で生み出した価値である労働生産性とそれらを含めて総合的に求めた全要素生産性がある。

 ああ、なるほど、つまり製造業とか発電所とかは少ない人数で多くの価値を生み出しているので労働生産性が高いし、サービス業は電話1本で成り立ったりする高い資本生産性ということになる。

 山形氏の言う生産性は文脈から判断して労働生産性のことだろう。製造業とサービス業をその点で比較するというのがどうなのだろうか。トヨタや帝人の労働生産性が高いのは当たり前で、それを実現するためのシステムにとてつもない投資をした結果のこと。
 日本とガーナの医者の話もすんなり飲み込めなかった。日本で医者になるためにはかなりお金がかかる。開業医なんかは3代続かないと厳しいとか聞いた。つまりは今まで投下した資本を無視して単純に労働だけで比較していいのかと。

 生産性と賃金は比例関係にある。本当ですか。知っている範囲での会社の仕組みを書いてみました。この時点で「間違っているよバーカ」という批判は甘んじて受けますので、問題点はご指摘ください。

売り上げ−経費=利益
経費=仕入れ原価+人件費+減価償却費+雑費
利益=税金+株主配当+役員報酬+内部留保

 全要素生産性は利益として考えます。あってますか。
 で、利益により収入が増減するのは国と地方自治体と株主と役員であって、従業員の給料は関係ないのではないかと思います。
 そもそも経費のなかでは最も大きいのは人件費であり、賃金を上げてしまえば生産性が下がってしまいます。従業員に多額の給料を払って会社を赤字にするなんてことが許されれますか、いやダメでしょう、国にお金が入らなくなります。
 じゃあ、自由業はというとどうなんでしょう。
 松阪はボラス氏にエージェントを頼んだことで巨額の契約となりましたが、これを普通のエージェントに頼んだらあそこまでの契約にならないでしょう。で、契約後の仕事量は同じ。賃金は契約で決まる。いや、赤でかくほどではないけど。
 実は、賃金は契約時にぶっちゃけいくらほしいのといった大雑把なところで決められているのではないかと思っていたら、本当に相場感という内容の記事があがったので驚いた。適当にきめるのなら、生産性は関係ないんじゃないの。
それでも賃金水準は平均的な生産性で決まるんだよ。


 何年も高い生産性を維持すれば、多くの税金で社会インフラは充実し、高い株主配当で預貯金の利息はたっぷりついて、企業の設備投資は充実し、ますます生産性が上がることは予想できますが、そんなことは元記事には書いていないので私の脳内ソース。

 まあ、でも韓国とか香港とかの労働者の賃金が結構高いことを考えると、仕組みはわからないけど平均生産性なんですかね。

 分裂勘違い君劇場の絵はわかりやすいのですが、飲み込めません私は中学生より理解力が無いようです。
 ある業種が儲かる→高い給料で人をとる→他業種が人手不足→他業種も給料を上げて料金も上げる→他業種の生産性が上がる。本当ですか。
http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20070215/1171504603#seemore
いや、でもこっちの記事は良くわかりました。
http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20070213/1171359965

  1. 2007/02/16(金) 00:12:09|
  2. ニュース|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<お部屋シミュレーション | ホーム | スタックストレス(造語)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ohsaruman.dtiblog.com/tb.php/110-6c843303

医者(開業医)の給料

■推定給料・・・月234万円(40代後半) 医者(開業医)の仕事内容 開業して働くお医者さん。 町のお医者さんとして、地元地域に密...
  1. 2008/09/03(水) 21:57:41 |
  2. 仕事給料ランキング