Last_Hacks

 この閉塞感に穴を開けよう。

捨てる勇気

 シリーズ物の商品を企画するときに、前バージョンに新要素を追加することは簡単だが、削ることは極めて難しい。そして、たとえわずかであっても不要な機能を使っている顧客がいれば、なおのこと削れない。
 例に出して悪いが、「ドコモのケータイのプッシュトークを必要としている人はいない。」と断言して削ろうとしても何人かが使っている記録が残っているので意見は通らない。よって機能削減どころか数少ないボタンでの特別な割り付けすらかえることすらできない。
 他キャリアのシンプルケータイというのは削って作ったのではなく0からの再スタートである。よって削減ではなく追加だ。

 パソコンの場合、USB2.0の登場によりプリンターポートが不要になった。端子を取り付ける場所がほとんどないノートパソコンですら、プリンターポートがなくなるのにずいぶんと時間がかかった。
 フロッピーディスクは21世紀になってもまだ売られていた。
 最近流行のネットブックではPCMCIAスロットがなくなりEXPRESSカードになった。これは削減というより置き換えかもしれない。
 
 多くの場合は1社が思い切ってレガシーな機能を削って成功すると、同業他社が一斉に追随する。「他社がやってうまくいった」というのは、やはり最強の免罪符だ。

 この非効率性が、人材、設備、資金、情報収集に優れた大企業のアキレス腱のひとつである。
  1. 2009/05/31(日) 00:13:41|
  2. マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ブルーオーシャンというのは市場経済の非効率

 やっぱり参入障壁が低くて市場が大きいところは、競争相手も集まるということで、今はiphoneのデベロッパーはレッドオーシャンのドロドロの中で体力勝負をやってます。短い夢だったなあ。
 世界中がネットでつながれた現代において、ブルーオーシャンは長期的に見れば存在しないと考えるべきなのでしょうか。

 そういえば、ランキング1位にもなったFlight Controlの売り上げが公開されていますね。結構な本数ですが、1本の値段が据え置き型ゲーム機に比べて格段に安いですから金額にすると、会社としてはかなりしょんぼりな数字になります。
Firemint Blogtastic: Flight Control Sales Numbers

iPhoneのコンテンツ市場は、参入障壁が低くレッドオーシャン化してますから、コモディティ化して最終的には、無料で良いコンテンツが勝つにきまってます。

イメージとしては、駅前の自由市場でショバ代を払ってキムチ売りのおばさんが、一人増え、二人増え、そしてトッポギやら、フランクフルト・・・、いろいろごちゃごちゃたくさんいろんな人が売り始めちゃって、安さ勝負したり、クオリティ勝負したりして、ハチャメチャ状態。

そんななかで、ボクらが得意な分野に特化して開発を行い、高価格帯で、世界で欲しい人にだけ、マニアックなものに絞り込んで限定して販売しています。先の 8Bitoneは、ファミコン音源のシーケンサーなんですが、海外では早速話題になっています。ボコーダーも、値段は高いのですが、スマッシュヒットです。

ナグレオブログ : iPhoneは吉幾三デビュー!?

 というように安売り競争から抜け出して、顧客をしぼって高くても売れる方向にシフトするのが生き残るための戦略なんでしょうね。

だからといって、似て非なる別の市場「Windows Marketplace for Mobile」とか「Android | Market」とか、マーケット自体が立ち上がりそうにないのに、多くのライバルが待ち構えているなんてぞっとします。


  1. 2009/05/29(金) 00:13:31|
  2. ビジネス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

どうして2段階定額料金は安くならないのか

 ドコモが7月から、データープランでの料金を引き下げるらしい。料金のグラフを見ながらシミュレートしてみた。

docomo データプラン


上限に達するのって、18Mbytesそこそこ。つないで10分もすれば上限となる。GmailとかAjaxで勝手に通信しているしね。

 グラフの書き方は下のように書いたほうが現実的なんじゃないかな。
  1. 2009/05/22(金) 10:49:52|
  2. ビジネス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

連番のファイルをダウンロードする

 何の因果か連番のファイルをhttpでダウンロードする必要があった。
昔はダウンロードツールというソフトウェアが数多くあったが、サイトを見るともう何年も更新されていないようだ。需要がないのかしらん。ダウンロードしてみたが、使い方がさっぱりわからない。テレホ時代にはあの手この手で通信時間を短縮して、一度ダウンロードした物は大切に取り扱っていたので、やたらと設定が細かい。

 意外に知られていないが、wgetはwindows用もある。wgetを使えば数字の部分を{000-999}とかで指定するとちゃんと1000個ダウンロードしてくれる。惜しむらくはwindows用にコンパイルされたバイナリパッケージでは、この文法は使えないようだ。

 さて、困った。で、思いついたのがThinkPadにはデフォルトでpythonがインストールしてあるので、これを使ってスクリプトで処理してしまえ。

#
for i in range(1,1000):
print "wget http://example.com/%d.jpg" % i


これを、pythonで実行して表示された物をバッチファイルに保存して実行。うまくいきました。

  1. 2009/05/21(木) 00:58:23|
  2. プログラミング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

社運をかけたビックプロジェクトの行く末

 新しいOSの開発では主力プロジェクトが失敗し間に合わせのOSが長持ちする点についての考察があった。
Life is beautiful: 「戦略的OS」の開発がことごとく失敗している点に関する一考察

面白いので、さらに考察を深めてみたい。
 失敗というのは以下のような状況をさす。
1.予定していた発売日にリリースできない。
2.製品を出す前にプロジェクトが空中分解する。
3.期待していたほどの性能が出ていない。
4.バグ、不具合が多い。


4.バグ、不具合が多いというのは、なぜか失敗のうちに入らない。マイナーバージョンアップでアップデートしているうちに直っていくからだ。
3.についても徐々に改良したものを出して成功したケースもある。
2.は失敗した結果であると考えると、結局はプロジェクトが遅れること=失敗と考えていい。

 主力がいつまでもリリースできないので、間に合わせに作ったものがその座を奪うというのはよくある話だ。そもそも86系CPUだって、真の16ビットCPUまでの繋ぎだった。

 社運をかけたプロジェクトというのは、社内のリソース、人と資金をひとつにまとめるということである。つまり、選ばれる人と選ばれない人に分かれる。
 選ばれる人というのは、客観的に見て優秀な人たちである。社内政治に長けて要領がよく、どこに行っても通用するような人たちだ。優れたプロジェクトマネージャーの決めたスケジュールは非の打ち所がなく、このメンバーなら何だってできそうな気がする。
 一方、選ばれなかった人たちは、反抗的であったり運が悪かった人たちで会社からもあまり期待されているわけでもなく、上からの命令もない。会社に行って遊んでいるわけにもいかないので、半端に余ったりソースを使って自主的に何かを作る、時には会社に内緒で。

 生存確率から言えば、後者のように思える。主力は1つだが、それ以外は複数あるからだ。

 
  1. 2009/05/16(土) 23:18:01|
  2. ビジネス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

X40をまだまだ使う

 会社で使っているX40が異様に遅くなった。最近のマシンと比べて遅いのは仕方がないが、電源を入れてFireFoxが立ち上がるまで10ぷんはかかる。遅すぎる。
 まずはデフラグ。それもUltimateDefragという強力な奴。期待したのだが、結果はほとんど変わらず。
UltimateDefrag

 なにやらハードディスクをSSD化するのが流行っているらしいけど、あとちょっと予算をとればネットブックを買うことができる。
X40 の SSD 化、完了! 株でお小遣いを稼ぐブログ

 そういえばLenovoのネットブックにはトラックポイントがないらしい。唯一の差別化ポイントを捨てたレノボの馬鹿さ加減に愛想が尽きた。レノボのNetBookをみて悲しくなったワケ

 SDカードスロットに大容量のSDカードを刺しっぱなしで使うことも考えた。SP3を導入すればSDHCの大容量カードも使えるらしいが、速度は上がらないため4〜8Mbyte/Secが限界らしい。明暗だと思ったのにがっかり。

 何もしないでもハードディスクがカリカリと動いていることに気がついた。
 まずスワップしているので、google appとかの常駐物を全部止める。サービスも見直して最小限にする。でも、ハードディスクは止まらない。

 ノートン先生を買ったときのままにしていたことを思い出した。Auto-Protectを解除したらカリカリと動くこともなくなった。そうそう、このスピードだよ。
 まだ1年はこのマシンを使うことにする。ざまあみろ、レノボ。

  1. 2009/05/15(金) 01:39:36|
  2. コンピューター|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

絶対無くならない職業

 三つ前のエントリーを書いてから、10代の終わりのころを思い出した。
Last_Hacks 下のレイヤーのほうが支配的なワケがない

 当時の伝説
・土地の値段は下がることはない
・銀行はつぶれない
・会社なんてそうそう倒産したりしないから、転職したら負け
・衣食住は、特に食に関する需要はなくならないから、それを仕事にすれば一生安定する。

 絶対大丈夫というものがなくなった21世紀。縮小する業界でシェアを伸ばす企業と、成長する業界で倒産する企業がある。良いと思っていた企業がダメになることも、その逆もある。

 昔は10代の選択が一生を決めるといったことに疑問を感じる人も多かったが、今は一生選択です。これで満足ですかね。
  1. 2009/05/14(木) 23:59:15|
  2. ビジネス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

H5N1 インフルエンザって何のこと

 新型トリインフルエンザとして、H5N1とかの略称はいったい何?ということで調べてみたところ、ウイルス表面のタンパク質の種類であることがわかった。
A型とB型のウイルス粒子表面にあるヘマグルチニン(赤血球凝集素、HA:haemagglutinin)とノイラミニダーゼ(NA:neuraminidase)という糖蛋白は変異が大きく、インフルエンザの種類が多い要因となっている。

A型インフルエンザウイルスにはHAとNAの変異が特に多く、これまでHAに16種類、NAに9種類の大きな変異が見つかっており、その組み合わせの数の亜型が存在しうる。亜型の違いはH1N1 - H16N9といった略称で表現されている。ヒトのインフルエンザの原因になることが明らかになっているのは2009年現在で、「Aソ連型」として知られているH1N1、「A香港型」として知られているH3N2、H1N2、H2N2、の4種類である。

インフルエンザ - Wikipedia

つまり、Hで16種Nで9種あわせて144種類の組み合わせを全部作っておけば何とでもなるんじゃないかとおもったら、本当に全部見つけた人がいるらしい。
asahi.com(朝日新聞社):カモのうんちに宝が潜む - ニッポン人脈記

 1日1種類ずつ毎日予防接種しても半年はかかるけどね、混ぜてもよいならこれでインフルエンザに対して勝ちなんじゃないかと。


  1. 2009/05/07(木) 00:22:41|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

いかなる手を使っても正社員を増やしたくないのか

 偽装請負という単語をちょくちょくニュース系サイトで見かけるようになった。現場で働く人に対しては、適切な労働環境を提供しなければならない。正社員ではその義務を負う会社は明白である。派遣社員に対してもその義務は発生する。
 作業を請け負った場合は、請け負った会社に義務が発生する。派遣なのか請負なのかの線引きは、指揮系統がどちらにあるということになる。つまり請負できている人たちに、会社は直接指示を出しては行けない。解説ははWikipediaに詳しく載っている。
偽装請負 - Wikipedia
 という、法律を知らない管理職が多い。このご時世なので、危なくてしょうがない。

 キャノンに関しては偽装請負で行政指導を受けてから、どうにもならなくなっているらしい。派遣社員を正社員として採用してしまうと経営が成り立たないということかもしれないが、このままではブランドもちに落ちてしまうと思うが。
大石英司の代替空港: キヤノンの黄昏

 そういえば、来年の4月から労働法が改正されて、60時間以上の残業に対しては50%の割り増し手当を支払わなければならなくなる。
FPN-改正労働法 もっと根本的な議論を
 それじゃあ、人を雇ったほうがマシということになりそうだが、企業は何らかの方法を考えだして正社員を増やしたりはしないだろう。
 多分、リモートアクセスを使った自宅での勤務と、海外へのあうとソースに拍車がかかるんじゃないかな。
  1. 2009/05/06(水) 23:06:06|
  2. 仕事術|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

下のレイヤーのほうが支配的なワケがない

 冷蔵庫、電気なければ、ただの箱。とか言う論理は昭和で終わっていたと思うがな。

その意味において、ケータイサイトをケータイで作るというのは、vt100でVAXのプログラムを書いていた30年前と本質的に変わらない。そこには確かに「作った」がある。が、「作ったもの」がどう扱われるべきかを決めるのは、「作った人」ではなく「場を用意した人」に最終的な決定権がある。いくら VAXの中にあるプログラムが「あなたのもの」でも、VAXの電源を落とされたらあなたには手も足も出ない。

404 Blog Not Found:ケータイとネットブックがそれでもヤバい理由

 で、電源はどうやって作っているかというと、発電所で石油を燃やして作っているので、最も支配的な立場にいるのは地下から石油をくみ上げている人たちです。あるいは鉄とかアルミとかの資源は、世の中がどのように変わっても必要とされます。だから、ソフトウェアとか浮かれたことを言ってないで、ちゃんとした仕事に就きなさい。と30年前に先生に言われた記憶は私にもあります。ある意味、刷り込みかな。
 だからといって、30年間考えが変わらなかったら、やっぱり人としてヤバいと思いますよ。

 例えば、ニコニコ動画は最YouTubeのインフラを使っていて、アクセスを遮断されてから自前に切り替えたでしょ。OpenGLはもともとシリコングラフィックスのワークステーション上でしか動いていなかったけど、SGIが倒産した今もiphoneで使われているでしょ。
 OSIモデルって知ってますよね。地主は下のレイヤーですか、そんなことないでしょ。ハードウェア層でのワイヤーを光ファイバーに変えても、アプリケーションがかわったりしないでしょ。
 水平分業って知ってます?システム全体を作らなくても、一部分でも世界を独占してしまえば小作じゃないです。

 小作とおっしゃる下流工程の人たちだって、生き残るためのヘッジとして上流工程複数持てるように工夫をしているんですよ、この30年間ぼーっとしていたわけじゃない。
  1. 2009/05/01(金) 23:47:01|
  2. コンピューター|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0