Last_Hacks

 この閉塞感に穴を開けよう。

プログラムを楽しむことを禁じる

 c言語について書かれた本の古典。K&Rであるが、最近は読まないように指導されているらしい。
 理由としてあげられるのが、例えば文字列のコピーとして以下のような例がのっているからということだ。
 while(*p++=*q++);
じゃあ、文字列のコピーとして適切な例を訪ねると以下のような内容だ。
1.strlenで長さを求める。
2.forループで文字列配列をコピー、ポインタは使わない。
3.最後に終端文字列として''を入れる。
 こんなプログラムは書きたくもないので、概要の説明だけにさせてほしい。プログラムが芸術から作業に変化するようだ。

たしかに、whileでの例を理解するためには、様々な予備知識が必要だ。演算子の順番、代入の結果が評価されること、終端文字列の''は評価するとfalseになるといったこと。
 そういう知識のない人が、プログラムを読んで理解できないことが問題らしい。現在は最適が技術が進んでいるので、どのように書いても結果が同じになるから、演算の副作用を利用するようなやり方は意味がないそうだ。

 いやー、確かに正論なんですけどね。プログラム言語のバックグラウンドとか知りたくもないけど、結果だけ欲しいという態度がいやなんですよね。
 コンピュータの演算で最もたくさん行われるのはメモリー間のコピーなのですが、whileの例だとほとんどのCPUは2命令で実行できるんです。先頭に文字長があったほうがメモリー確保とかの問題は簡単なのに、終端文字列が''なのは頻度を優先したんじゃないかと。
 そんな話がつまらないと思うのであれば、cである必要はなくvbとかjavaとか使えばいいんじゃないですかね。あ、好きでプログラムをしているんじゃなかったですよね。

  1. 2009/04/18(土) 23:36:06|
  2. プログラミング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

著作権延長についての不公平

著作権延長の議論が始まるらしい。アメリカでは著作者の死後75年に変更したので各国は追認するようにということなんだろうけど。

著作権延長法 - Wikipedia

ちなみに1977年を境に取り扱いは変わる。このまま延長を続けていけば、いずれディズニーはグリム兄弟の遺族に白雪姫の印税を払うことになるからだ。

 作者本人がもらうわけではなく、権利を相続した遺族がもらうのであれば年代を区切って差別する必要はないわけだし。
  1. 2009/04/18(土) 00:48:12|
  2. メディア|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

iPhoneというプラットホーム

 ここ1年のiPhoneのアプリケーションの充実は目を見張るばかりで、今更のように参入が相次いでいる。
 これをうらやましく思う他のゲームプラットホームは、値下げと条件緩和で引き止めにかかってるらしい。でも無駄。


っと、、、ここまではまとめ的な話で、もっぱら私的にはiPhoneというものは、ゲーム業界の新しいブラックホールだとも思ってたりします。

引力圏に入ったら最後、もう逃れられないくらい強烈。

感覚的に「よく知らないので興味ない。聞いても興味ない。めんどくさそう、ウザい」というくらいの距離感があれば、害?はないのですが、ちょっとでも触れたら最後というのが現状でしょう。開発者としてもユーザーとしても、iPhoneを理解したあとに他のモノに戻れる、という感覚はかなり薄いと思います。


 いや、まさしくデーターに裏付けられない感覚的なもので恐縮なのですが、10年前の例えでいえば、いったんプレイステーションで開発を行った後にスーパーファミコンの開発なんてやってられないわけです。iPhoneでは今まで何年もAppleとそのデベロッパーが蓄えていた知恵が結晶のようにキラキラ輝いているわけです。開発している人ならわかってもらえると思います。

iPhone・ゲーム業界のちょっと先を考える - ゼペットの休日
  1. 2009/04/16(木) 23:22:55|
  2. コンピューター|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

この続きはどうなるの

サラ金を規制することで、おとととしは成約率が44%に落ち込んで大きな問題になっていた。去年もその傾向が続き7%にまで落ち込んだらしい。

痛いニュース(ノ∀`):“借金してまでパチンコしてたのに…” パチンコファン、消費者金融に貸し渋りされる→パチンコ業界ピンチ
消費者金融難民急増 - ネタりか

 サラ金でお金を借りるような人は、お金を沢山使って消費の下支えをしていた部分もあるので、ピンチになるのはパチンコ業界だけではあるまい。

 一方で過払い金請求は、弁護士や司法書士にとっては、広告をバンバン出すほど儲かる仕事らしい。サラ金と過払い金請求相談の看板が並んで立っていたのは笑った。

 さて、アメリカでサブプライムローンを利用していたような人が日本ではサラ金をつかっていたわけで、この手の人たちが借金ができなくなると、消費が落ち込んでしまう。次はどうなるのか、頭のいい人に教えてもらいたいものだ。

  1. 2009/04/11(土) 16:40:59|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

電車のマナー

 東京ほど電車のマナーにうるさいところは、世界中のどこにもあるまい。至る所にマナー向上のためのポスターが張り出されて、車内のアナウンスもしつこい。

 ヘッドホンの音漏れが気になるなんて、よほど相手にくっつかないとあり得ないが、それがラッシュアワーである。後ろの人の鼻息が気になるぐらいでは、音漏れも問題だ。

 でも、よく考えてみたらそこまで混雑する電車というのはどうなのだろうか、満員電車に対するストレスをマナーの悪い人をスケープゴートにすることで鉄道会社は回避しているのではないか。

 日本中が人口減少にあるなかで、東京だけが人口増になり、いくら鉄道網を増強しても満員電車はいっこうに改善されない。しかもフレックスタイムをやめる会社が増えて、さらに大変だ。

 
  1. 2009/04/10(金) 23:54:44|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

石油は動物の死骸からできた物ではなかったの?

 子供の頃には石油はプランクトンの死骸が堆積したものと教えられてきたが、それは確定したことではなかったらしい。

石油はどこから来たか

無機物から石油が作られたということになれば、現在見つかっている油田よりずっと深いところにも石油が埋蔵されているということになる。

 それが都合がいい人と、都合が悪い人がいるわけで、今のところ石油が枯渇しないと困る人の方が多いので有機物説がひっくり返ることはなかろう。
  1. 2009/04/09(木) 00:54:05|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

漫画家って儲からないらしい

 最近の出版不況は本当に大変らしい。特に雑誌、歴史のある雑誌が次々と休刊していく。
 物を作って欲している人に届ける、それで大金持ちになりたいとは思わないが、マイナスというのはいかがなものかと。それじゃ、長続きしない。

 ということで、こちらの方はwebに片足を移したらしい。ある意味正解だが、PCのwebサイトではがんばってもお金にならないと思う。
佐藤秀峰 on Web

 集金する人が特別に高い地位にあったり、右から左へお金を動かすだけの課金手数料が意外と高額なのは、それだけお金を集めることが難しいからです。
 でも、人を感動させる物を作れるような人が、ビジネスプラン作成なってくだらないことに神経をすり減らすのは、大きな目で見れば社会的損失じゃないんですかね。

  1. 2009/04/08(水) 23:53:16|
  2. メディア|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

嘘をつく人が生き残る理由

 毒を持つ蛾の幼虫、それにそっくりな蛾、蛾を食べる鳥の3すくみにおいて、それぞれは一定数存在することが可能だ。


 正直者と詐欺師と判別者。自然界の三者の均衡は人間社会に当てはまると思います。この事例から確実に言えることは、本当にコストをかけることにはそれなりの利益がある。騙す方にも一定の利益がある。それが、どこで釣り合うか。それは、判定する人間がどれだけ賢いかによる。


 嘘をつくと誰からも相手にされませんよ。というのは、嘘を嘘と見抜ける人がたくさんいるから成り立つ訳で、嘘にだまされる人が居る以上は嘘つきはいなくなりません。

信頼社会への近道は「損して得取れ」:日経ビジネスオンライン
  1. 2009/04/08(水) 00:49:30|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

さあ、検索エンジンを作ろうではないか

 3月11日の著作権法改正法案で、ダウンロード違法化の陰に隠れて忘れられがちなのだが、検索エンジンのキャッシュが合法化されたらしい。
検索エンジンのキャッシュや、データバックアップのためのキャッシュは著作者の許諾を得ずに行えると規定。検索事業者は日本国内にサーバを置けるようになる。

 アメリカでは2006年に検索エンジンのキャッシュは合法という判決が出ており、googleは大手を振って開発ができるようになった。
 それどころか、中国からは百度が日本進出を果たした。
百度の日本版「Baidu.jp」本格開始、ブログ検索など追加

 もはや完全に出遅れた今になってから、合法になる意味が分からない。海外の検索サービスの日本上陸を助けるということなのだろうか。ここまで出遅れたのであれば、グレーであったキャッシュを違法であると定義づけるとともに、海外にサーバーをおいて法の制限をくぐり抜けることを禁止するべきではないかと思う。
 無理難題の規制をすることで、ロボットによる収集と全文検索とは違った、新たな技術が生まれる可能性だってあるのに。
 今更googleのマネをしてもしかたがあるまい。
  1. 2009/04/08(水) 00:31:26|
  2. インターネット|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

完成しなければゼロである

 毎月の膨大なメールを分析してレポートを書くプログラムを作っていた。
 文章は定型に近いが、人間が書いているので表現が少しずつちがう。ということで、自然言語解析を行って一覧を作成するプログラムをつくっていた。週末を使って少しずつしか作れない。ようやく目処が立ってきたところだ。

 その仕事が3月期末で終わった。もはやプログラムは必要ない。週末をつぶして何の努力をしていたのだろう。
  1. 2009/04/04(土) 21:36:19|
  2. ビジネス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ