Last_Hacks

 この閉塞感に穴を開けよう。

ソースコードを読まない理由

 21世紀になって、プログラムを0から組むことができる人は幸せである。たいていのプログラマーの仕事は他人の書いたコードのメンテナンスから始まる。自分流を貫きたい人は、括弧の位置、タブの数すら違うと気に食わないので、一から書いたほうが早い理由をあれこれつける。でも、実際に書き直したほうが早いどころか、完成しないこと多々あり。そうなると、今度は仕様書がなかったからとか。

小野和俊のブログ:プログラマーにとっての読み書きそろばん
 ああ、まったくそのとおり。ネットワークでもデーターベースでもちゃんとわかるまで半年でも1年でもやったらいい。中途半端な知識で色んなものに手を出すから何についても自信がもてなくなる。
 もっとも、何年も経験をつんで得意言語ができてしまったら他の言語に一切興味を持たない、認めないという人も困るけど。


 そういえばgoogle source codeを読むソフトがあるようだ。
統計情報とバグ検出だが、結構面白い。
BUGLE:Google Based Source Code Review
  1. 2008/09/30(火) 23:04:27|
  2. プログラミング|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

メールボックスの自動整理プログラム

 今日も自動メール整理プログラムの作成続行。いやぁ、9月はお休みが多くていいね。
 一昨日はActivePerlでppmを使って作ろうとしたのでうまくいかなかった。
 そもそも、元になった記事はこれだ。
メールボックスのメールをExcelに出力 : hiromemo

 いやー、わかるわかるよ。激しく同意。報告書を見て分かったつもりになる人って、分かってないから。
 Ubuntuマシンを1台作ってそこで作業を進めることにした。CPANのインストールも順調でいいかんじだ。

 一通り準備が整ったので、テストプログラムの作成から始める。あれ?、文字化け。そういえば、メールの日本語は実に厄介であることを思い出す。こういうときはJcodeと思ったら、Perl5.8からはEncodeを使うらしい。内部処理がUTF-8になったので、文字化けの心配はもう不要らしい。
 で、Encode::decodeという不思議な記述で変換する。で、文字化け、だめじゃん。
 
 文字化けは、あとで丁寧に対応するとして、目的のメールボックスでテスト。ThunderBirdのデーターディレクトリから対象となるメールデーターを投げ込んでみる。

 ヘッダー読み込みでエラー

 どうやら、過去のメールに何かまずいものが混じっているらしい。ヘッダーとして表示されているのが本文になっている。自分で書いたパーサーではないから、デバッグできない。なんだそれ。だったら最初からパーサーを書いたのに。

 ThunderBirdのメールボックスのフォーマットを探していたら、この様なプログラムを発見。

Mail Export Toolは、様々な形式のメールをエクスポートするソフトウェアです。

いや、あの、欲しかったのは正しくそれなんですけど。(涙目)
やっぱり休めばよかった。

[メールボックスの自動整理プログラム]の続きを読む
  1. 2008/09/23(火) 17:30:55|
  2. プログラミング|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

cpanのインストールめんどくさいなあ

 いや、ライブラリがたくさんあって、そこには先人の知恵が詰まっていてありがたいなあと思うんですけど、インストール中はコンソールに張り付いておけっていうのは別の話だと思うんですよ。

yes '' | perl -MCPAN -e 'install MODULE_NAME'

yes!!

スバラシイ
guro_chanの日記 » CPANモジュールのインストールに於いてすべてのプロンプトに自動でyes若しくはデフォルト設定で応答したい
  1. 2008/09/23(火) 11:37:24|
  2. プログラミング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自宅でPerl

会社の仕事がいつまでも終わらないので自宅で宿題プログラム。
久々のActivePerlを使う。
メールの整理に関するプログラムを作りたいのだが、たいていのものはCPANに前例があるので検索
300を超えるメール関係のモジュールの中で選んだのはMail-Box-Parser-C。

CPANでインストールしようとしたらエラーになった。
Usage: YAML::XS::LibYAML::Load(yaml_str) at D:Perllib/YAML/XS.pm line 70.
ああ、そうだActivePerlなのでPPMだよ。

ppmでモジュールを追加しようとしたところ、以下のようなエラーになる。
ppm update failed: DBI connect('dbname=C:DOCUME~1とうさんLOCALS~1APPLIC~1/ActiveState/ActivePerl/1003/ppm-MSWin32-x86-multi-thread-5_10.db','',...) failed:unable to open database file(1)

日本語のユーザー名に問題があるらしい。やれやれだ。
別途、adminというユーザーを作って、ユーザーを切り替え。
ppmがいつの間にかGUIになっていて使いにくい。コマンドもかなり忘れているので、以下のページを見ながら操作。
ActivePerl5.8/4.PPMの使い方 - Ground-SunLight
ところが、リポジトリを追加していくら探してもMail-Box-Parser-Cがない。

ppm.activestate.com
を見ると5.10のステータスはFAILになっている。5.8ならOKなのでperlのインストールのやり直し。

perl5.8では無事にppmからインストールできた。
まずは useして、newでインスタンスを作るところまでテスト。
Can't locate Mail/Message/Field.pm in @INC (@INC contains: C:/Perl/site/lib C:/P
erl/lib .) at C:/Perl/site/lib/Mail/Box/Parser/C.pm line 23.
BEGIN failed--compilation aborted at C:/Perl/site/lib/Mail/Box/Parser/C.pm line 23.
Compilation failed in require at test.pl line 3.
BEGIN failed--compilation aborted at test.pl line 3.

Mail-Message-Fieldがないらしい。cpanにあってもppmにはない。というかMail-Messageが使えたら最初から使うって。

そうこうしているうちに休日は終わり。休んだほうか良かったのかもね。

そういえばやりたかったことを行っているモジュールがあった。
Mail::Digest::Tools - Tools for digest versions of mailing lists - search.cpan.org

2004年からメンテナンスされていないので動かない予感。

  1. 2008/09/21(日) 22:12:39|
  2. プログラミング|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

Interface 付録ColdFire基板

 Interface 付録ColdFire基板を作ってみた。
本はちょっと前に買っていたのだが、周辺部品が必要だったので組立てていなかった。秋葉原に行ったついでに若松通商に立ち寄って必要な部品を集めるつもりだったが、一式でキットになっていたので面倒がない。
 電源とLANコネクタをつけて、ping 192.168.1.10とタイプすると応答がある。telnetもできるしブラウザでも開くことができる。
 実に嘘っぽいが本当にこの小さな基盤が応答している。加速度センサーも入っているので、このまま地震計にもなる

 この手の基盤はUSBが定番だったが、ネットワークに直結できるとなるとまったく意味合いが違うことに気がついた。ホストPCが不要なので、ちょっと考えてハブにつなぐだけで色んなことができてしまう。オンメモリーで40Kbyte程度しかないが、容量が不足するのであればネットワーク越しに外部ストレージを使えばよい。
 なんだかわくわくしてきたな。

Interface 付録ColdFire基板特設ページ

[マイコン][Coldfire] インターフェース付録マイコンを試す(1) - fslasht の日記

bird.dip.jp: Electronics Archive

この基盤を使ったコンテストもやっているようです。
第二回 ColdFireアプリケーション・コンテスト






そして、お約束でネギを振るということで

  1. 2008/09/19(金) 01:15:24|
  2. コンピューター|
  3. トラックバック:4|
  4. コメント:0

またブラウザー戦争

 Google chromeの出現によって、10年ぶりのブラウザ戦争になった。話題性ではどうなのだろうか。
 chrome,internet explore,firefox,opera,safariをgoogle trendsで比較してみる。
Google Trends: chrome,internet explorer,firefox,opera,safari

 firefoxは3になったときがすごい。そこにchromeが振って沸いたように登場。ie8のベーターテスト中のinternet exploreは、operaより興味をもたれることがないようだ。
  1. 2008/09/13(土) 02:11:58|
  2. コンピューター|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

月とすっぽん

 15夜である。月を見上げて思いついた、「月とすっぽん」と言い出した人は、なぜ月とすっぽんを比べようと思ったのだろう。ということでググレカス。
 丸い素盆または朱盆がなまってすっぽんになったという説と、すっぽんは甲羅の形が他の亀にくらべて丸いから比較した説がある。
 どちらかというと後者かな。
  1. 2008/09/13(土) 02:04:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

GIMPで絵がかけないと困る

 今までは説明用のちょっとした図を書くためにPaint Shop Proを使っていたのだが、システム入れ替えで再インストールの時に動かなくなってしまった。再購入するのもばかばかしいので、GIMPに乗り換えてみた。
 驚くほど多機能で、何をどうしたらいいかさっぱりわからない。YouTubeで動画を探したところ、わかりやすいチュートリアルがあった。解像度が低いので細かいところがわからないけどね。





動画サイトというのは、何かを説明するためには実に都合がいい。
  1. 2008/09/11(木) 00:46:17|
  2. コンピューター|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

iphone不振

 最高の形でローンチできたiphoneであるが、今になって不満が噴出している。というかダメダメ。
iPhone 3G のダメダメなところまとめ

まあ、最大の問題は月々で支払う料金が高すぎるのであって、1695円という無理な設定を作ってみたものの、すぐに見破られているし。
iPhone 3Gのパケット定額フルの料金が最低1,695円〜5,985円になったけど、全然僕らのケータイ料金は安くならないと思います。 - 和洋風◎

でもね、かつて日本のパソコンはNECのPC9801が席巻していて、海外ではIBM-PCが圧倒的であったわけです。もちろん、日本語の変換はもっさり、漢字表示はさらにもっさり、ソフトはほとんど英語というダメダメさだったのですが、DOSがダメだったぶん、windowsへの移行が早く、いまではPC9801は伝説となってしまいました。
 あのときと、かぶるんですよね今回。

 今回のiphone上陸で日本の携帯が以下に優れているかを再認識したわけですが、海外の人にはiphoneは初めての電話以外が充実した携帯なんですよね。歴史は繰り返す予感がします。
  1. 2008/09/09(火) 01:52:30|
  2. インターネット|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

spysee

 自意識過剰かもしれないが、自分の名前を入れて検索をすることは誰でもやることだと思う。

 色々なサイトで書き込みを検索、あるいはイメージ、さらにはリンクによる関係を導き出すサイトがあった。

マサハチ - あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]

 うーむ、結果が少なくてさびしい。

  1. 2008/09/09(火) 01:12:12|
  2. インターネット|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ