Last_Hacks

 この閉塞感に穴を開けよう。

まったく、お前の考えることは

 ボーイング777の開発では、文書をHTML化して世界中の開発拠点をネットワークで接続して3交代で設計をおこなった。
 今では特に珍しくない手法だが、当時は各方面からボーイング終わったといわれていた。エンジニアがHTMLの教則本片手にホームページ作りとは滑稽であると。

 企画が理解されないたびに、このことを思い出します。中途半端や時代遅れの知識で理解しようとする技術者上がりの経営者が一番やっかいだ。
  1. 2008/03/02(日) 00:39:32|
  2. ビジネス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

街は作れるのか

 サンフランシスコから海岸沿いに南にいったところに奇妙な建物がある。マイケルジャクソンが私財を投じて作ったネバーランドだ。

大きな地図で見る

  人が訪れない遊園地ほどさびしいものはない。スタッフを教育して人をお客さんをよんでこそ、血が通い夢あふれる楽しい施設になる。単にお金をかけて建物を立てるのは骨組みであって、そのまま放置されれば骸骨のように近寄りたくない風景がひろがる。
 エンターティンメントは自分のために作るものではなく、他人の笑顔を見るためにがんばるからやり甲斐があるんです。

 おなじような光景は、SecondLifeのいたるところに見られる。SecondLifeから学んだことは、土地の価値はその上にいる人で決まるということ。
建物やオブジェを作ることでは目的ではなく、人を集めるために建物を作るということ。デベロッパーの人には当たり前すぎて笑っちゃうことなんでしょうけど。

 突き詰めて考えれば、街は人工的に作れるんでしょうか。
ユートピア建設というのは頭のいい人が一度は考えることなんでしょうけど、人間は想像以上に感情に支配されていて、理屈を超えたところで暮らす場所をえらんでいます。
シリコンバレーも自然発生的なものだし、秋葉原だって誰かが電気街構想をぶち上げた結果できたということではないです。
シリコンバレーをはるかに超える、世界一のイノベーション都市を、日本に作る方法 - 分裂勘違い君劇場
 とりあえず最初に思ったことは、そんなシンドイ街はちょっとカンベンな。ってことで。



 
  1. 2008/03/02(日) 00:03:33|
  2. SecondLife|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0