Last_Hacks

 この閉塞感に穴を開けよう。

肉汁を逃さないように鶏肉をゆでる。早速試す

超カンタンでやわらかジューシー…異次元鶏料理法 - 安全ちゃんオルグ日記

 異次元のうまさときいてじっとしていられようか。まずは実際に味わってみる、それからだ。
 鳥肉は胸肉。塩コショウをしていいのかと思いつつも、塩コショウしないと臭くて食えないだろうということでパラパラと。浸透圧で細胞の外側に水分が出ちゃうのはいいのか。
 ストローで空気を抜くときに、コショウを吸い込んで死にそうになる。こういうときは誰かに突っ込んで欲しい。
 お湯を温めて温度を測る。85度ちょっと手前。 

鳥1



 鶏肉をドボンと入れたら、急激に温度が50度ぐらいに下がったので、追い炊きする。空気を抜いたはずのジップロックが膨らんでくる。この時点でストローを刺したほうがよくね。コショウを吸い込んだ努力は難だったのだろうか。
 ジップロックも布団圧縮袋みたいな逆戻防止弁つきのやつを売ればいいのに。

鳥3




 さて、なべに蓋をして1時間待つ。ご飯を炊きながら待てばいいはず。と思っていたが、意外と温度が下がるので、10分おきに再加熱、80度近辺でキープする。本当は60度前後が良いのはわかっているのだが、中心部が赤かったらイヤなのだ。チキンだけに臆病である。

 出来上がったジップロックには100ccほどの肉汁が出ている。過熱しすぎたかも知れない。

鳥2



 まずはタレをかけずに食う。かなりウマイ。肉全体が胸肉のフライドチキンの中心部にしかない鳥ササミのジューシーなところの味。とにかくやわらかい。まさにオイシイとこだけを食べるような贅沢。

 パサパサしていたら、ゴマだれでバンバンジーにしようかと思っていたが、そんな必要はなかった。塩とタレで十分うまい。

 電気ポットの売れ行き不振に苦しむメーカーの方は、ぜひ異次元調理器の開発を検討してください。これが手間なしで食えれば、世界が変わるかも。いやマジで。
  1. 2008/03/29(土) 21:13:30|
  2. 勝手に商品企画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

youku.com

 youtubeもニコニコ動画も権利処理に悪戦苦闘している中、「そんなのかんけーねー」とばかりにアクセス数を伸ばしているyouku.com、空気読めない、いや読まない中国というのはある意味すごい。この勢いで、日本では手を出せない様々な分野で伸びていくことだろう。たとえば、Friioみたいに。
 製品開発には権利者に気を使って完成直前に引っ込めたり、お伺いを立てたりと日本的根回しを何年もかけて虎の尾を踏まない努力をしているにもかかわらず、こんなことをされてはmp3プレイヤー勝負同様に勝てる気がしない。
 各社の紹介記事にリンクがないのは著作権侵害幇助として言いがかりをつけられないためだろうか。それは空気読みすぎだと思うが。
 ともあれ、権利団体の皆様におかれましては、中国に対しても断固たる対応をとって頂きたい。そうしないと、ハンデキャップが大きすぎる

空気を読まない者たち
优酷
Friio - 地上デジタルハイビジョンテレビアダプター 「フリーオ」
R4,R4DS官方网欢迎您-Revolution for DS-NDS,NDSL,掌机,三免烧录卡
  1. 2008/03/27(木) 23:02:07|
  2. メディア|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

サウスパーク

サウスパークの過去の放送が合法的に無料で見ることができるようになりました。
South Park Studios

Christian Rock Hardでは、違法ダウンロードをしようとしたカイルの家にFBIが突入して、違法コピーのせいで豪邸に2個目のプールが作れなくなったメタリカとか、プライベートジェットのランクを下げざるをえなくなったブリトニースピアーズなどを例に挙げて、ダウンロードによる収入減が彼らに与える影響を説明していた。

まあ、そういうことでオープンなんだろう。太っ腹なスポンサーもついているし。
  1. 2008/03/27(木) 01:17:33|
  2. メディア|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

一歩間違えば犯罪

 iPS細胞を作った山中先生の話はわかりやすくて面白い。一気に最後まで読んでしまった。
 asahi.com: 「iPS細胞が作る新しい医学」 山中教授講演全文(1) - サイエンス
 気になったのは、倫理上の問題が常に付きまとっているということ。クローン人間を作ったら犯罪だが、国によっては人の細胞をいじるだけでも逮捕される危険が付きまとう。うかつに外国に講演には行けないだろう。
 好奇心の向こう側には鉄格子が待っているというのはプログラマにも共通するものがある。47氏は向こう側に行ってしまった。

 もし、知的好奇心に対して何の制限もない国ができたら、世界の最先端かもしれないし、ドクター・モローの島になるかもしれない。
  1. 2008/03/25(火) 23:07:55|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

土地の価値

 昨日、土地の価値は地面ではなく人が決めると書いたばかりなのに、それを否定するような記事を見つけてしまう。誰もツッこまないから神様がツッこんでいるのかもしれない。
ほぼ日刊イトイ新聞 - はじめての中沢新一。i

地上にはこれほど
近代的な技術の粋を尽くした
建物が建てられ、
そしてそこでは、世界中に影響を
与えていくほどの経済活動が行われて、
秋葉原を中心とした電子産業が発達し、
そして東京のある部分というのは、
ポストモダン的で、
スピーディに、まるで過去のことなど
なんの関係もないかのように
進んでいるように思われます。

このあたりに
縄文の人たちが住んでいたのは、
6千年くらい前の時代だったと思いますが、
そのくらいの時代まで、そして
そこの上に作られる精神活動というのは、
連続性をもって、くりひろげられています。
なんと複雑な精神構造を
持っているのでしょう、わたしたちは。

 つまり、東京はあそこにあるからこそ東京でいられる。言い換えればその土地にこそ価値があるということ。結局はその上の人の問題なんですけど、土地が人に影響を与えていると。

中沢 アースダイバー地図は、ソフトと地形とが結びついていることを示してますよね。土地の地形っていうのを頭に入れて都市を作っていくと、自然な街ができていく。
タモリ いきなり違うところにお笑い村を作りましょう、って、これは違うわけです。
中沢 それは、テーマパークになっちゃいますもんね。


つまりは
シリコンバレーをはるかに超える、世界一のイノベーション都市を、日本に作る方法 - 分裂勘違い君劇場
 とか、東京のそばに新天地なんてものを考えるよりは、昔から職人たちか高付加価値を競った京都とかのほうがいんじゃないですかね。
 あ、だから、「はてな」は京都に帰ったのか。
  1. 2008/03/22(土) 22:40:42|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

追い立てられる30分ルール

 モノを創る人たちは締め切りギリギリにならないと仕事をしない。それは小学校の夏休みからずっと続く習慣だと思っていた。
 驚くべきことに最近はそういう人は少なくなっているらしい。スケジュールに対して、必要最低限の品質できっちり上げる。変に気を回して余計なものを入れたために仕上がらないなんてことはない。

 よく言われるメールの30分ルール。相手の状況にお構いなしに電話をかけることは棚に上げて、若者を貶す年寄りにはなりたくないので、なるはやで返事を返すようにしてみた。
 相手が若いと、即、返事が帰って来る。それにまた返事を返す。ラリーが始まった。気がつくと、遠隔地にいるにもかかわらず妙なシンクロニティがあって気持ちいい。これか、この感覚か。
 でも、正直しんどい。

 
  1. 2008/03/22(土) 17:30:58|
  2. 仕事術|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

マイ遊園地

サンフランシスコから南に言ったところにネバーランドがあります。マイケルジャクソンが多額の私財を投じて作った自宅、googlemapではAの場所です。深い森の奥、無人の丘に遊園地のようなメリーゴーランドが見えます。


大きな地図で見る

 遊園地というのは、過ごしやすい土地の上に面白い建物を建てただけでは骨組みでしかなく、そこに教育の行き届いたスタッフとよく練られたアトラクションで肉付けされてこそ楽しい空間として成立します。そこにお客さんが来て笑顔で遊ぶから、作った人は満足し働く人は生きがいを得ます。
 個人のために作られて、骨だけで放置されたら、骸骨のように醜悪なものでしかありません。

 セカンドライフをしばらくやってわかったことは、土地や建物自体に価値があるわけではなく、人が集まるからこそ価値があるということです。土地本位制ではなく人本位制、誰も来ない土地に価値はありません。都市開発をやってらっしゃる方には当たり前なんでしょうけど。
  1. 2008/03/22(土) 02:05:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

ウマでよくね。とか言うの禁止

 Boston Dynamicsの4足歩行ロボット。黒タイツをはいた人が荷物を支えているようで生々しい。

これだけの技術があれば2足歩行もできるのではないかと思うのだが、それ以外の物ばかり作っている。
実用性を狙ったBigdog
6本足のRHex
BigDogとは別物のLittleDog
昆虫のようなRiSE

 聞いた話では、宗教上の理由から海外では2足歩行のロボットを開発しないそうだ。なんでも立って歩くのは人間だけで、人間を作ることができるのは神様だけらしい。ほんとかな。
 日本で2足歩行ロボット研究が多いのはアニメのせいだと思うが。

  1. 2008/03/20(木) 12:55:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

で、これは終わったとか言っていいのか

 社長がやめるらしい。
Second Lifeを開発したLinden Labの最高経営責任者(CEO)で、同仮想世界の創設者であるPhilip Rosedale氏は米国時間3月14日、同職を退く意向を明らかにした。

もう、グダグダな状態になっているようだ
ここしばらく、Linden Labでは混乱が続いている。2007年12月には最高技術責任者(CTO)を務めていたCory Ondrejka氏が同社を離れたが、開発をめぐる意見の違いからRosedaleが同氏を解雇したことを示すメールが外部に漏洩した。

 でもね、1つ前のエントリーを書いた直後なので、「セカンドライフ終わったな」とか簡単に言えないわけです。
 実際、エンジン供給とかOEMとか合併とか売却とか、まだまだやれることはいっぱいあるしね。
  1. 2008/03/19(水) 02:14:36|
  2. SecondLife|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

責任者出て来い

 垂直統合と水平分業の説明には任天堂とソニーがわかりやすいかもしれない。ハードからソフトまで全てを作る任天堂は垂直統合型であるが、かつては時代遅れだの、はーどから撤退せよだの色々言われた。
 それでも自分たちのやり方を変えなかった彼らが生き残った。
 しかし、WiiやDSで成功を収めつつあるのは、自社ソフトの開発力が消費者に高く評価されたからであろう。一方で、産業レイヤーとして、コンテンツ以外のレイヤーが消費者の差別化を認識しづらくなり、コモディティ化していることが考えられ

 もうね、ここまで評価が逆になると驚くしかない。かつて、水平分業だと旗を振った人にそそのかされて、部門を売却したりリストラを行った会社もあったが、そのときに犠牲になった人がかわいそうでならない。
 今をときめくappleもジョブスが戻る前は、ハードを切り捨ててソフトウェアメーカーになったほうがいいと言われていた。今は垂直統合で成功している。切らなくてよかったね。
 こういう世の中になると、オンリーワンの独自技術より総合力でのワンストップと言うことになるんだろう。

 まあ、言ったこと書いたことが永久に残るネット社会では、「終わったな」とか気軽に言わないほうがいい。老後を楽しく送りたければね。

【エンタメ潮流コラム】 Microsoftが仕掛けた「IT産業の優勝決定戦」と任天堂:投資&お金活用実践Webマガジン MONEYzine(マネージン)
  1. 2008/03/19(水) 01:48:19|
  2. コンピューター|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0
次のページ