Last_Hacks

 この閉塞感に穴を開けよう。

ほぼ日手帳2008が届きました

 手帳の構成は毎年ほぼ同じ。2008年は3月が6週あるので大丈夫か?と思っていたら、なぜかちゃんと入っている。すごい。

 今年は「ほぼ日の週間手帳」を買ってみた。意外に分厚いので、はさむと手帳がパンパンになる。しかも12月ではなく1月スタートなので、来週からは使えない。というか使わない予感。
 2週間分にして薄くするとか、ちぎってはさむとか、もっと工夫したほうが良いんじゃないの。400円は安いようだけど、ちょっとした手帳なら買える。そんなものと比較にならない満足を求めていることをわかって欲しいなあ。
  1. 2007/11/29(木) 00:18:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

リモートデスクトップ

 Windowsのリモートデスクトップをはじめて使ったときの衝撃は、XでVPN接続を行ったときより大きいかもしれない。
 会社や自宅のデスクトップを立ち上げた状態にしておき、VPNで外出先からアクセスしたとき、「これで十分」と思う瞬間がある。
 どこからでもアクセスできれば、ノートパソコンにローカル保存を行うのはムダどころか、紛失のリスクを考えると悪ですらある。
 いずれはオンライン前提で、リモートデスクトップを主体とするマシンが出てくるんじゃないかな。
  1. 2007/11/27(火) 00:59:44|
  2. コンピューター|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

ポートフォリオ理論が役に立つ局面

 「3rd World Farmer」をやってみた。
Play 3rd World Farmer Game Online - Arcade Town .com

 ポートフォリオ理論がいかにありがたいかわかる、一点集中に失敗したら家族全員で死ぬしかない。それさえわかればこのゲームの難易度は高くない。泥棒、ゲリラ、病気、火事、銀行が破綻とか、ろくでもないニュースが毎年流れるが、英語なので淡々と受け止めることができる。これが母国語だったら、精神的ダメージは大きいんだろうな。
 4Gamer.netの解説にあるように、何でゾウ?とか考えると怖くなってしまうけど。
【4Gamer.net】[特集]シリアスゲーム「3rd World Farmer」の“面白さ”をあらためて見る
  1. 2007/11/26(月) 00:30:38|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

動画サイトからダウンロードしてipodで見る

 youtubeやニコニコ動画などのflvファイルをipodに保存して移動時間に見ることにはまっている。これが結構おもしろい。
 以前はTAGIRIツールバーと携帯動画変換君を使っていたのだが、flvファイルに変換できないものが多くてうんざりしていた。
 携帯動画変換君はffmpegのフロントエンドなので、coreの中のffmpegを最新のものに入れ替えればよいわけだが、コマンドラインオプションなどが大幅に変わっておりiniファイルを書き直すのはかなり難しい。
FFmpeg

 困って検索をしていたら、YouTubeダウンロードブラウザ Craving Explorerを見つけた。ダウンロードと変換と登録が一体化していて面倒がない。変換中のプログレスバーが表示されないなどの細かい問題はあるが、そのうち改善されるでしょう。libディレクトリのffmpegを最新のものに入れ替えても動作した。

 まあ、サーバーでcronジョブでスクリプトを書いて自動的に変換してipod配信するようにすれば待ち時間はないわけだが、結局見るわけでもない動画を大量にダウンロードするのはどうかと。
  1. 2007/11/23(金) 14:59:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ボーっとして働いているわけではない

トヨタが気前よくカイゼンを教える本当の理由(1/3) − @IT MONOist
 イトーヨーカ堂は適当に商品を並べているわけではない。

 むかし、テレビでやっていた農家の話。土、水、タネ、タイミング、毎年変えながら作付けしている。しかしながら、お天気も毎年同じではない。死ぬまで農家をやっても50回前後しか試すことができない。それどころか、先祖代々いろんなことをやっているがそれでもまだ足りない。
 著作権者だけが創造物を作っているわけではない。身の回りを見渡せば、工夫と改善によって作られたモノに囲まれている。
 一般ピープルの想像力をもっともっとひきだせば、将来はずっと豊かになる。特別な人だけがモノを作るという考えは捨てるべきだ。
  1. 2007/11/22(木) 14:37:07|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

インフルエンザ

 子供の間で大流行中。そして子供から感染中。
 仕事を休むわけには行かないのではあるが、これで感染させたら申し訳ないなと思う。
 在宅勤務で、ロボット出勤というのはできないものだろうか。
  1. 2007/11/22(木) 00:20:21|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Google Android はどんなもの

 こういうものは評判だけが一人歩きするので、実際に触ってみるまでなんともいえない。
 SDKがダウンロード可能になったので、実際にダウンロードしてみました。
Download the Android SDK - Android

 中にはエミュレーターが入っています。アプリの動作確認用だけではなく、かなり本物のように動作します。webブラウザは実際に動くし、google mapも動作します。iphoneをかなり意識した動きになっています。通話ができるかどうかはわかりません。日本語を入力する方法は見つかりませんでした。プログラムは書けないけど、試して見たい人は、これで十分かも。

 プログラムはJavaで書き、画像はpngで保存、設定はxmlで書いて、マニフェストファイルで定義するみたいです。音はどうするんだろ
 java環境なだけにeclipse上で使えます。というか、eclipse前提です。

 で、androidがわかったかというと、いろんな人がソフトを組むまでわからないです。SDKのマニュアルをじっくり読んでみたら制限だらけだったということはなさそうではありますが。

  1. 2007/11/14(水) 00:57:00|
  2. コンピューター|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アルファブロガーとは

 そろそろ年末ということで、Alpha BloggersとかCNET Japan ブログアワード 2007 - CNET Japanとかが始まっているようです。
 私の好きなブログは時事ネタを取り扱うものが多いせいか、アルファブロガーの方は元ライターの人や、現役で作家だったりする人などが多く、やはり同じことを説明してもプロアマの差が歴然です。
 プロの文章は後で本でも読めることがありますが、その人の文章を書籍の中で比較した場合に内容が薄いと実感することがあります。やっぱり、物書きの中でもすごい人はすごいということでしょうか。

 今年のブログアワードにノミネートされている方は、去年よりバラエティに富んでいます。いろんな人がブログを書くようになったんでしょう。タレントブログが上位には来ないあたり、内容で選んでいる実感はあります。

 これらをまた一通りRSSリーダーに追加したら、手に負えない量になるんだろうと重いつつ、ぽちっと。

  1. 2007/11/13(火) 00:45:29|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

キモいの反対は?

ブロガーは自分のキモさとどう向き合っているの? | 住 太陽のブログ

 偉い人の反対は偉そうな人♪という歌がケロロ軍曹のエンディングテーマにあった。ちょっと皮肉が入っている。

 弱い人の反対は強い人
 おろかな人の反対はかしこい人
 かっこ悪い人の反対はかっこいい人
じゃあ、キモい人の反対ははんだろう?

 目指すところがわかっていないところが、キモいという言葉が批判のための批判に使われていると思うゆえんではないかと。

 
  1. 2007/11/10(土) 16:52:55|
  2. インターネット|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ゲームのルール

 バレーは絶対におかしい!日本以外でやれ!!!:イザ!

 1個目に引っかりを感じた。あとは良くわからない
ゲームのルールでやってはいけないのは、強い人が必ず勝つである。もちろん、何回も同じ相手と戦ったら、強い人のほうが勝ち数が多くなるのは仕方がないが、実力=勝敗だったら、そもそも戦う意味すらない。

 野球はそのために、塁に人を貯める。実力で勝るものが、小さなミスで動揺して大逆転されてしまうことがあるのは、そういうルールだから。
 サッカーはタイムリミット直前が面白い。攻めるほうも守るほうもあとちょっとの時間となったときにモードが変わる。
 スキージャンプをはじめとする屋外競技は、変化する自然により弱者にもチャンスがまわってくることがある。
 テレビのクイズ番組のように、最後の問題は負けている人が逆転できるような倍率だったら、見ているほうは面白いが、やっているほうは馬鹿馬鹿しい。タレントさんはプロなのでいいけど。

 ゲームを作るというのは、このあたりを考えることなんだよね。
  1. 2007/11/10(土) 01:20:08|
  2. マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ