Last_Hacks

 この閉塞感に穴を開けよう。

金で解決のつくありがたさ

ニコニコ動画とYouTube、JASRACに著作権料支払いへ - ITmedia News ということだ。
 放送局と同じく収入の2%を払えばよいらしい。著作隣接権は個別交渉だけど。笛のお兄さんも安心だね。
  1. 2007/10/31(水) 01:37:16|
  2. マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

やっぱ、国からのお金はでかい

 17億円の予算でゲームでもアニメでも作れば結構なものができるんだけどね。

 こんなサイト作って終わっちゃった。
CoFesta 〜JAPAN国際コンテンツフェスティバル(コ・フェスタ)〜

 17億円は公共事業では、はした金なんですかね。
  1. 2007/10/29(月) 22:46:10|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日記を読み返す

 今までつけてきたいくつかの日記がある。
 会社でつけてきた公開業務日記は、過去の出来事を知るだけでなくこれからの方向を指し示している。振り返って航跡を見れば、どちらに進もうとしているのかがわかるのと同じことだ。
 トレードを行っていたときの投資日記は最も見たくない読み物の一つだ。5年経った今でも読んでいて脂汗が出る。冷静だと思っていた判断が、全く冷静ではない。つまりは、トレーディングに向いていない性格をわかるために何百万も使ったということだ。日記をつけていなければ、そんなことは気がつかなかっただろう。
 読書の日記もつけている。人生と経済の読書メモ、最近サボリ気味だが、読んだ後にまとめを行うと記憶に残りやすいのだ。
 そのほか、書きかけてやめたものが多数ある。

 この日記は書きながら考えをまとめることに使っている。相変わらず読者は増えないけどね。
  1. 2007/10/28(日) 23:46:26|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

DNSが鬼門

 ネームサーバーの仕組みは素晴らしくよくできている。なにせ全世界の日々更新される名前とIPアドレスの組み合わせを、各地に分散して管理することができる。これを考えた人は天才だ。

 しかしながら、時としてこの複雑な仕組みがあだとなることがある。
FONは現バージョンはプロバイダーのDNSを使ってくれない。おかげで見ることができないサイトがある。
 任天堂DSのWifiはDNSでしょっちゅう問題を起こす。
 めんどくさいなと思いつつも、家庭でもネットワーク保守なのです。
  1. 2007/10/28(日) 22:38:39|
  2. インターネット|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スタートアップ観察

たくさんの人に配信できる、flashのサーバーは個人で購入できるような価格ではないので、会社で購入し無料サービスして広告費を取るビジネス。悪くはないがブレークもしていない。
 今後、カメラの値段が下がり続けることにより、映像を使った何かのサービスが花開くことは間違いないのだが、現時点ではそれはどういうものかわからない。今のところ、一歩前に出ているサービスはUstreamとstickam。特徴的なのは、画像を見ている人がチャットできるということ。もちろんチャットには送り手も参加することができるリアルタイムの双方向メディア。
 せいぜい数百人に対しての放送なので、マイナースポーツとか売り出し中のタレントとか、公開セミナーとかぐらいの応用しか思いつかない。そのうち、頭の良い人がとんでもない使い方を思いつくのは時間の問題ではあるのだが。




ブログパーツならStickam!

  1. 2007/10/27(土) 12:59:01|
  2. ビジネス|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

正直、学生の名刺はどうかと思う

 ビジネスごっこじゃあるまいし、学生の名刺というのはどうなのかね。と、思っていたけどイベントの会社とかは積極的に学生を活用しているので、人によっては連絡先を相手に教える必要があるかもしれない。

Japan.internet.com Webマーケティング - ヤプログ!、Blog の URL などを記載したオリジナル「ブログカード」提供開始というのがあるそうだ。こちらは給料を払ってくれる団体を書かなくてもいい、ブログを見れば人となりを理解してもらえる。みて、読んでもらえればだが。

 人を肩書きだけで判断するわけではない。でも、何を生業にしているかは最も重要な情報だ。「どうやって食べているんですか」と聞かれたら「あんたに食べさせてもらっていないことは確かだ」と返している人もいるそうだ。そこまでとがっているわけではないが、プライベートのときに会社の名刺を出すのは卑怯ではないだろうかと思う。
ブロガーという肩書きはアリなのだろうか。下のような名刺を人に渡すところを想像してみた。


 ブロガー
   マサハチ

http://ohsaruman.3.dtiblog.com/
ohsaruman@yahoo.co.jp


ダメだ。痛すぎる。
  1. 2007/10/26(金) 01:26:04|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

数学者の見ている仮想世界とは

 コンピューターグラフィックスのプログラムを書いた人なら、誰でも数学者の偉大さを実感せざるを得ない。実写と見間違うCGは全て計算によって求められた答えを画像にしたにすぎない。
 空間の微積分を絵に描くと、おでんくんが取り扱う餅のような形になる。大学の研究室にアル16ビットパソコンで画面に表示して、得意げに先生に見せたら「で?」という答えになった。今から思えば当然のことで、数式を見ると頭の中で自動的にレンダリングされるからだ。すでに見た光景ということになる。

 この番組に出てくる数学者はみな、頭の中に仮想世界を持っており数式というプロトコルで仲間とそれを交換している。つまり、ずっと前から仮想世界と現実世界で二重生活をしていたのだ。



  1. 2007/10/25(木) 00:08:20|
  2. コンピューター|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

やり直したい症候群

 プログラムを書いていて、あるところで書き直したくて仕方がなくなるのと同様に、ブログもまた当初の見込みと違ったときにやり直したくて仕方がなくなる。

こちらの方はずいぶん几帳面な方のようだ。
heartbreaking. ブログの過去ログほど扱い難いものはない…
 ブログの整理としてやりたいことは、次のような項目
・カテゴリーを見直す
・記事を評価して★をつける。
・タグをつけて検索しやすくする
・その後状況が変わった記事は追加修正する。

 などという目標を立てて、過去の記事を整理すると途中でイヤになる。これは、誰のために整理しているのか、それとも自己満足なのか。
 そういえば、ほぼ日刊イトイ新聞 には、コンテンツ一覧というタブがあり、著者名、タイトル、連載開始日で一覧になっている。いやー、素晴らしい。これはもうプロの仕事だ。

 gmailの登場で広まった、「整理しない」という考え方。コンピューターは検索が最も得意なのだから、整理して記事を保存するなど時間の無駄。という考え方に未だになじめない。
404 Blog Not Found:ブログの過去ログほど有り難いものはない
  1. 2007/10/23(火) 00:40:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

むしゃくしゃしてやった、今は反省している

 あれは、上の子が1歳になる前の出来事で、もう10年にもなるだろうか。その頃は、子供を保育園に預けて共働きしていた。
 女房が研修か何かで、朝から保育園に連れて行けないので子連れで出勤することになった。抱っこ紐で前にぶら下げる。なで肩の私には、頭らないようにするのが結構大変。
 満員バスに乗り込んで、優先席の前に立った。子供を窓側に向けて圧力から逃がすには、横向きベンチシートになっている優先席前がちょうどいいのだ。子供の重さは約10kg。かばんを持ってバランスを取るのが結構難しい。冬でも汗が出る。子供の顔をみると暑そうだ。大丈夫、とうちゃんが守ってやるから。
 優先席に座って本を読んでいる中年サラリーマンがいる。席を譲るきっかけを失って気がつかないフリをしているのか、本当に気がついていないのか、頭を上げようとしない。
 座りたいとは思っていないが、こちらを見ようとしないのが気に入らないので、子供のお尻をおっさんの顔の前に持っていった。ちょっとおしっこくさいぞ、こっち見ろよコラ。でも、目線は本から外れない。ガマン大会のようだ。
 途中のバス停で空いたので、後ろの人が席を譲ってくれたが、「すぐ降りますから大丈夫です」と言って断った。バスの狭い1人席に前抱っこをしたまま座るのは簡単ではないのと、この状況が面白くなったのもある。
 こうして、終点までの根比べとなったわけだが、結局最後まで彼は本を読み続けた。よく戦ったとほめてあげよう。というか、何やってたんだろう俺。というのを下の記事を読んで思い出した。

子連れのバス、舌打ちに悔し涙した私 - OhmyNews:オーマイニュース “市民みんなが記者だ”

 でもね、子供の送り迎えって父親がやったほうがいいと思うよ。ほんの数年のことだし、今となっては思い出がいっぱいあるし。
  1. 2007/10/21(日) 23:45:27|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

音声認識はギャルに勝てるのか

 gooogleモバイルが一昨日公開された。米国を選択しているとGOOG-411というメニューがある。Google、電話で使う地域情報検索サービス正式スタート - ITmedia News
によると。音声認識を使った検索サービスであるらしい。フリーダイアルは素敵であるが、日本からは繋がらないので試せない。残念

 電話で音声認識というサービスは日本でもいろいろあるが、認識率が低くて何度も言い直さないといけない。5分も使えばうんざりだ。英語では実用になっているのだろうか。
 昨年の記事ではあるが、ITmedia News:ケータイ早打ち王者、音声認識技術に破れるというのを見つけた。ベン・クック氏の世界記録、160文字42秒は1秒間に約4文字ということだ。英語と日本語で単純比較できないが、ギャルと呼ばれる人たちの両手打ちはもっと早いような気がする。絵文字も入っているし。

人間に勝った音声認識はこちら。
Nuance - ニュース - プレスリリース - 2006
  1. 2007/10/20(土) 11:05:59|
  2. コンピューター|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ