Last_Hacks

 この閉塞感に穴を開けよう。

ニコニコ動画はなぜ面白い

 一月ほど前に、ニコニコ動画というサービスがスタートした。
 YouTubeの動画にコメントをオーバーレイさせて表示する。秀逸なアイデアは、コメントを表示する時間を設定できること。マッシュアップの好例。

 映像を多人数で見ると盛り上がるというのは、映画とか競技場を開放してのサッカー中継とか、ビデオを紹介する番組でリアクションをするだけのタレントとか、いろいろと利用されていたわけであるが、さすがにこれほどの破壊力をもって証明されると、改めて驚かざるを得ない。

 攻殻機動隊で笑い男についての討論番組で、このようにコメントを表示するシーンがあった。残念ながらニコニコ動画は録画であるが、いずれリアルタイムに表示されるような何かが現れるであろう。

 何人かでテレビを見ていると、ニコニコ動画のコメントのようなことを言っているのであるが、出演している人がそれを聞くことはなかった。真の意味での双方向かもしれない。
 ブログで少しばかり悪口を書かれただけで、コメントを閉鎖するような人は、今後ニコニコ動画の攻撃に耐えられるのであろうか。

  1. 2007/01/31(水) 01:38:41|
  2. コンピューター|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

SecondLife のソースを調べてみた

 よくわからないソースは、まずdoxygenにかけて、全体のドキュメントを作成。300Mbyteを超えたので、契約しているサーバーにアップロードしてみた。
 http://sl.fumi.tk/
 googleがクロールしてくれると、検索が早くなっていいなあ。

 ざっとソースを眺めたところ、まずはboostのスマートポインターがわかっていないと厳しいかも。boostはtokenizerと正規表現regexが使われている。boost本を買っても一部分しか使えないが、boostを使っていくつもりであれば損はしないだろう。


  1. 2007/01/25(木) 01:02:01|
  2. SecondLife|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

SecondLifeで土地を買ったつもりだった

 FirstLandがいつまでも売りに出ないので、SIMの再販業者から土地を買った。
 1000L$であれば格安と思ったらそうでもない。契約書をよく読んでみたら、それは予約であって、セールス担当とコンタクトして契約しろとのこと。契約条件は最初に$50、1ヶ月10$。いやー、払えないでしょ。
 ということで解約。1000L$なくした。がっかり。

 mainlandの相場は、1sqmあたり16から18L$。しかも分割の余りみたいな土地しか残っていない。うーむ。
  1. 2007/01/23(火) 23:27:41|
  2. SecondLife|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ISO認定はプラスなのか

 不二家が菓子とジュースはISO認定工場で生産しているから安全といえば、ISOの臨時審査により場合によっては取り消すこともあると言う。
http://www.jab.or.jp/news/2007/070116_3.html
 問題があってから認定を取り消すのは、後だしのようで、いささか卑怯な気がしなくもない。

 ISO9001は工場のためだけのものではない。別にソフトウェア会社であっても取得が可能である。社内での作業を自らが示した手順書にしたがって行われていること。作業手順だけではなく、適切な資格を持った人が作業や確認を行っていること。要はやっつけ仕事をしていないことが証明できればいい。
 研修を受けてきた内部監査員が、社内のいろんな部署を監査する。その結果を定期審査で認定協会から派遣された人が2日間ほどヒアリング調査する。
 2日の審査では何もわからないというのはウソで、ちゃらんぽらんな会社は指摘事項が多い。ただし、決定的な証拠がないだけではないかと。指摘には「不適格」から「改善の機会」までがあるが、相手はある意味お客さんなので甘く「改善の機会」でつけてしまう。

 ISOを取得すると下請けの仕事がとりやすくなるけど、専任の人もお金も必要なわけでメリットが出せるかどうか微妙。
 まして、三菱自動車とかパロマとか談合ゼネコンとか次々に認定取り消しが出ているようではねえ。
  1. 2007/01/23(火) 23:23:44|
  2. ビジネス|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

SecondLifeセミナーに行ってきました

デジタルハリウッドでセカンドライフのセミナーがありました。
 今日気がついて、今日申し込んで、今日行ってきました。さすが19時開催。何とか間に合う。
 https://ss.study.jp/module/event/reservation/select_event.asp?cid=dhg&tid=#484


 リンデンのRobinさんだけではなく、doiさんが日本語に通訳してくれたので楽でした。内容は、SecondLifeをやっている人には既出だったような。上司説得用の資料を作っている最中なので、私にはとても役に立ちましたが。

SecondLifeデモで行ったところ
Robinさんの土地
Robin Linden's place, Ambleside (114, 9, 26)
おすすめ、SL内に作られたDublin
Dublin in Sl, Dublin (135, 105, 24)

ほかに、面白いところを知らないので「本当にリンデンのコミュニティマネージャーなんですか?」と聞きたかったが、そこは大人の対応で。
 日本語化って質問でも出たけど、どうなんですかね。メニューの日本語化なら怪しいけどすでに完了しているし、中の登場人物はNPCではなく生身の人間ですからね。あとは、最初の出現場所をnagayaにでもしてあげればそれでいいんじゃ。逆に日本語にこだわりすぎると、さまざまな人とコミュニケーションする本来の面白さがわからなくなるかも。


近未来の予定
・APIの公開 テレポートと両替
・ビューワーのオープンソース化 LindenLabも楽しみにしている
・better search 検索を何とかする
・voice これは5ヶ月以内
・ビジネスアカウントで使うツールを改善
・サーバーを安定動作させる
・ブラウザ内蔵、SecondLife内でシームレスにwebページ閲覧可

その他、質問に答える形で
・日本語版は遅れまくっているけど、ゲームじゃないからきちんとリリースできないよ。ほかに優先の高い仕事もあるしね。まあ、あと1,2ヶ月ぐらい。
・日本円への両替は検討しているが、同時にLindenは現地の法律を守ることを重視する。今のところ換金はグレー。皆さんの中でやりたい人はやってもらっていい。
・ハラスメントなどのトラブルが起きたときは、それなりの対処をする。将来的にはそれも住人に権限委譲したい。
・ラストネームが少ないのは、共通のラストネームを持つことで親近感を持たせる狙いがあった。今ほど人が多くなっては、それもどうかな。希望するラストネームがあったら連絡してほしい。


リンデンラボのミッションステートメント

 よりよい世界を作る

[SecondLifeセミナーに行ってきました]の続きを読む
  1. 2007/01/18(木) 00:04:05|
  2. SecondLife|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

SecondLifeコンパイル再び

 先日失敗したSecondLifeのコンパイルですが、再配布されているライブラリを使用してコンパイルは完了しました。
 引っかかったのは2点
 lscript_compileでは、あらかじめcygwinを起動してindra.yとindra.lをbisonとflexにかけてlex_yy.cとytab.hを作らなければいけない。ファイル名が微妙に違うのは推測であわせる。
 リンク時に_CLSID_DxDiagProviderが見つからないというエラーがでるが、このエラーはdxdiag.hの前に#define INITGUIDが抜けていると出る。どこかでインクルードされているのかもしれないが、面倒なので直前に書く。
 これで、コンパイル完了したSecondLife.exeを公式版のSecondLife.exeと入れ替えて起動する。
 ログインして、PreCacheの画面が出たところでしばらく待っていたら終了してしまった。まだ何かあるのかも。
  1. 2007/01/16(火) 20:09:37|
  2. SecondLife|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

Unreal Engineの是非

 発熱地帯でUnreal EngineがPS3敗因の一つとしてたたかれています。
 いたるところにバグや破綻があるだけでなく、絶え間ないバージョンアップ。通らなくなったコンパイルの原因を調べる毎日。コンパイルエラーがなくなったらバージョンアップが届く。ソース査読のやりなおし。「使えるかこんなもの!」と言いたい気持ちは良くわかります。

 が、しかし、それは海外のソフト移植をしていた人にはよくある話、もっと言えば強力な指導者がいないオープンソース開発がそういうもんです。
 知らない人が事前も打ち合わせもなしに各自の判断でいろんなところを書き換る、建設中のビルに住むとか、走っている車の修理をするとか、もうね、「一回手を止めて俺の話を聞け!」と
 対抗手段としては、バージョン管理ツールの使いこなしでしょうか、特にでブランチとマージ、もちろん、重要でないことには目をつぶる包容力も必要です。
 韓国のエンジニアとかは会社を超えたコミュニケーション能力でうまく対応してますけどね。

 今となってはむしろ、少人数で引きこもって時間をかけて開発するスタイルはマイノリティではないかと。完成したら浦島太郎。
 今までに全くないものを開発するときはアリだと思うんですけどね。

ちなみにUnrealEngineのリンク
公式
http://www.unrealtechnology.com/html/homefold/home.shtml
ライセンシー向け
http://udn.epicgames.com/Main/WebHome
野良コミュニティ
http://wiki.beyondunreal.com/wiki/Unreal_Engine
  1. 2007/01/14(日) 00:28:42|
  2. プログラミング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

SecondLifeのコンパイル

 SecondLifeのクライアントがオープンソースになりました。
早速ビルドの方法をみながら挑戦してみましたが、苦戦中です。

* 1.2.1 Boost
* 1.2.2 Expat
* 1.2.3 ZLib
* 1.2.4 Apache Portable Runtime
* 1.2.5 Freetype
* 1.2.6 gl
* 1.2.7 OpenSSL
* 1.2.8 cURL
* 1.2.9 XMLRPC-epi
* 1.2.10 Vorbis & Ogg
* 1.2.11 JPEGlib
* 1.2.12 Fmod
* 1.2.13 Quicktime
* 1.2.14 OpenJPEG
* 1.2.15 TUT
* 1.2.16 LLMozLib

これだけのものを揃えて準備するだけで1日かかってしまいました。
いや、ちゃんとパッチがあたらなかったものもあるので本当は完了していないのですが。

こちらの方はコンパイルに成功されたようです。

http://d.hatena.ne.jp/nazone/20070110
  1. 2007/01/12(金) 21:25:06|
  2. SecondLife|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

経費削減にもやり方がある

 もうね、小額でも稟議とか審査を長引かせたりとかイヤガラセみたいなことで経費削減したつもりになっているのはどうなのかね。
 結局、必要なものは買うわけだし、時間をかけることで、買わなかったものは、現場が熟慮の上必要ないと判断したわけではなく、ビジネスチャンスを逃がしたと解釈すべきだよね。

 売上−経費=利益
であるので、利益を上げるためには経費を削減するのは早道ではあるけど、裏返せば売り上げを大きくすることのほうが経費を下げることより簡単なわけで、経費削減を目標に仕事をするようになってしまっては本末転倒なんですよね。

 経費削減=ケチケチ、ガマン ではなく、仕事の流れをトータルで考えたときに新しい方法を考えることで、大きく経費を浮かすことができれば従業員の志気も下がらないと思われます。

たとえば、1つ前のエントリーで書いた
ソフトウェアのライセンス見直しとか結構ききますよ。




  1. 2007/01/11(木) 22:36:12|
  2. ビジネス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マイクロソフト製品のライセンスを確認すると得をするかもしれない

 年があけました。3月年度末の会社の人は、予算調整に大変な時期がやってきました。
特に開発部門責任者の人には、「機材やソフト買って」という突き上げと経費削減のトップダウン命令にはさまれてうんざりではないかと思います。

 最近は何でもプリインストールなので、ソフトウェア代に頭を悩ませる必要がないのは個人での話し。会社ではWindowsServerのCALを数えたり、開発業務を行うところではVisualStudioとかMSDNとかの、何をどう買えばよいのかさっぱりわからないライセンス体系。おまけにVista発売もありますギャー。
 でも、ここで投げ出しちゃダメです。腰をすえて購買担当者と納得がいくまで調べましょう。全然金額が違います。

 なお、Work at Homeというライセンスを購入すると従業員の人は自宅でも会社と同じソフトを使うことができます。PowerPointとかを自宅で使えると喜ぶ人がおおいかも。
 ホワイトカラーエグゼンプションが施行されれば、家で仕事をする人は増えるはずなので、今年の予算はがんばりましょう。

マイクロソフトライセンスセンター
  1. 2007/01/07(日) 16:41:31|
  2. コンピューター|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ