Last_Hacks

 この閉塞感に穴を開けよう。

Smartyに乗っかりましょう

phpによるWEBアプリケーションというのは、大雑把には以下のようなものだ。

入力フォーム⇒アプリ⇒データーベース⇒アプリ⇒HTML出力

 目的や規模が違っても、やることはおおむね同じ。今までに作ったものを使いまわすうちに人それぞれパターンみたいなものが出来る。
 たとえば、データーベースのアクセスではSQLのwhere部分だけが変わることが多いのでそこだけを変えて使うし、HLTML出力はDreamweaverでデザイナーがページを作るときに特殊な文字を入れてもらって、ファイル全体を置換してから出力といったことだ。自作したり上司や先輩から譲ってもらったりしたフレームワークがあるはず。

 Smartyもこの類である。
SQL文はプレイスホルダをつかって定型部と可変部を分ける。出力はテンプレートと呼ばれる雛形を置換する形で出力する。
 プログラムの書き方が決まっているので余計な迷いがない。これからphpを始める人はSmartyから取り掛かると実にスムースに導入できるはず。
問題は、今まで自前のフレームワークを行っていた中堅どころのプログラマーである。Smartyはおそらく世界で最も優れたphpプログラマーが作ったものである。これに比べれば、ほとんどの人の自作のフレームワークはセキュリティ面の問題やバグをかかえており勝負にならない。負けたと思ったとき自分のコードを素直に引っ込めることが出来ればよいのだが、自分のコードは誰でもかわいい。捨てられない。やり方も変えられない。そして数年後には最初にSmartyから始めた若者に抜かれるわけである。
 もう、フレームワークを自作する時代は終わったんですよ。意地張ってないで、別のことに労力を使いましょう。

smartyマニュアル

ちなみにSmarty入門に登場するMySmarty.class.phpは便利。

[Smartyに乗っかりましょう]の続きを読む
  1. 2006/07/28(金) 23:52:48|
  2. プログラミング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

livedoorが技術的には一番スゴイのではないかと

 「会社がヤバゲになると、優秀な技術者から逃げ出す」というのは実はダウト。去る残るかかと優秀かそうでないかは、あまり関係がないような気がする。今までの人生経験の中で見た印象だけどね。

 そもそも、仕事で好きなものを作れる幸せなプログラマーは世の中にそれほどいるわけではない。であれば、好きな仕事をやってれば会社がどうであろうとあまり興味がない。と考える人もいる。
 ライブドアは全否定するような世間の見方ではあるが、実はネット企業の中では最も技術力があるのではないかと思っていた。
 で、Livedoor RSSリーダー 開発者インタビュー を読んで確信にいたるわけです。

  1. 2006/07/28(金) 00:59:22|
  2. インターネット|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

google desktopのプラグインをC#で作る

 GoogleDesktopのプラグインを作ってみようと思い立ったのです。それもC#で。しかしながら、情報が少なすぎます。
 唯一見つけた参考ページがココ。チュートリアル形式なので分かりやすい。
http://www.caublestoneink.com/

Tutorial - Google Desktop Sidebar - Hello World Part 1, まずは最低限の機能
Tutorial - Google Desktop Sidebar - Hello World Part 2, 何か表示してみる
Tutorial - Google Desktop Sidebar - Hello World Part 3, プロパティの設定
Tutorial - Google Desktop Sidebar - Hello World Part 4, プロパティのロードセーブをつける
という構成になっている。

ポイントは以下のようなところ。
・約束事が多いので、サンプルを改造したほうがいい。
・特にインストーラのソースも中に含まれるがこれはいじらないほうがいい
・GUIDはGUIDGENを使って自分のものに書き換える。
・メインとなるのは、このサンプルではHelloWorldPlugin クラス。
・SetSiteは実行直前と終了直前に引数を変えてよばれる
・OnCommandがイベントハンドラ
・表示されるオブジェクトはHellowWorldCI クラス、content変数に割り当てられる
・オブジェクトの表示形式は NOWARP,NEWS,Email形式がある。それぞれはサンプルをコンパイルして確認
・GetOurStuff()メソッドのところでcontentを設定している
・オブジェクトのメンバーを設定したらthis.AddContentItem(content, options);でツールバー上に表示

とりあえず、これくらいわかればソースが読めた。
もう少しサンプルが欲しいが、あとは.netの問題であるような気もする。
 最近のSDKにはウィザードとかが追加されたが、私の環境では動かない。そもそも英語版のGoogleDesktopは4だしね。
 ちなみに、なぜC#なのかというと Charles Petzold氏のC#本を読んだから。
 誤解されることの多い言語ではあるが、後発だけあってC++よりも格段に良く出来ている。


  1. 2006/07/26(水) 00:52:20|
  2. プログラミング|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

Life Hacks と名乗ってみました。

このブログのタイトルはLifeHacksをもじったものであるが、そもそもLifeHacksとは何かを説明しないと誰にも理解されないような気がしてきた。

 LifeHacksとは、超人的プログラマーすなわちハッカーがプログラムに対して行うことを人生全般に対して適用してみる試みである。
 リリース直前になって、追い詰められたプログラマーは、山のようなバグレポートを目前にしながらでも追加する新機能のことを考える。風呂に入っていないし、外にも出ていないし、寝てもいない。友達にも家族にも長らく会っていないし、季節が変わったこともわからない。
 こんな状況を脱出する方法が全力でToDOリストを書くことだ。

 とにかく『やるべきこと』『やりたいこと』『バグ』、思いついた順番に淡々と書く。紙がいっぱいになったら次の紙。眠くなっても寝ない。もう思いつかないと思ってからが勝負。まだまだ書いていける。
 書き終わったら丹念に見直す。そして次にやることを決める。それだけで泥沼から這い上がることができる。ダメだったらもう一度リスト出し。大丈夫、オレはこれで何度も地獄から生還した。

 これを人生に対しても応用したのがGTD.
 人生でやるべきこと、やりたいことを書き尽くす。そして見直す。2分以内で出来ることはすぐやる。自分でやるべきでなければ、人に頼む。そしてリストを片付けていく。

 LifeHacks pressに詳しいGTDの方法が載っている。しかしながら、これを読んだだけではGTD取り掛かろうと思わないであろう。「どうして、いい年こいて子供の宿題みたいなことをしなければいけないのか、効果もわからないのに。」と思う。オトナは面倒だ。
 そういう人は、ストレスフリーの仕事術を読むべき。GTDへの抵抗感がなくなっているはず。
  1. 2006/07/25(火) 00:28:50|
  2. LifeHacks|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

書くことで発想する


発想七日!発想力を鍛えるblog術 より
1.型をつくる
2.質より量
3.他人から学ぶ
入力2割、内部処理8割。
聞いただけの情報と、それを人に説明することは全く違う。

 なぜブログを書くのかという問いかけに対して明確な答えであった。

 それにしてもpodcastをはじめてじっくり聞いた、実によく頭に入る。そういえばYPACのビデオも見ないと。時間が欲しい。
  1. 2006/07/22(土) 00:00:01|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

文章を書いて飯を食いたいと思う人たちにとっての個人サイト

 もう、個人サイト業界への「新規参入」の時代は終わった(5)〜「思い知らされる」個人サイトたち

 まあ、文章を書いて有名になるよりも、有名になってから文章を書いたほうがいいというのは優れた考察

 文章を書くというのは誰でも出来ることであっても、発表の場を与えられなかったアマチュアにインターネットはチャンスを与えた。というのは事実でも、プロとアマチュアの境界線が消滅するというのはダウトだった。依然としてプロはプロだ。

価値という基準で文章を分類してみる。
 横軸に内容、縦軸に表現をとってみた。内容は入力処理であり、表現は出力処理と考えることもできる。入力処理は地道な取材や調査を積み上げていくことで上達し、出力処理は人に読んでもらって感想をもらうことで上達する。





表現内容斬新、新発想陳腐、あたりまえ
わかりやすい
読みやすい
皆無商品
難解
意味不明
ロングテールクズ


 新発想で分かりやすいものは、まず存在しない。誰もがカンタンにわかるようであれば、新発想といえない。尖った話が、程よくやわらかくなりかけたところでわかりやすく本を書いた人の勝ち。web2.0とか経済学とかね。
 侮ってはいけないのが、あたりまえのことをわかりやすく書くのは多くの人にウケがいい、書店の売れ筋はそんな本が平積みだ。
 下半分は難解なだけに読むのが大変。自費出版の世界であったが、今は誰でもWEB上で公開できる。読む人には苦労を強いる。
 プロとアマチュアの間に線を引くとすれば、上下でわけるべきかな。
  1. 2006/07/21(金) 00:48:56|
  2. インターネット|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ソーシャルブックマーク SBM

 昨日に続きブックマーク
MixClipsという各ソーシャルブックマークを横断して集計するサイトがある。以下のSBMでのブックマーク数を合計して総合順位がRSSで配信される。


 で、全てをあわせると最強になるかというと、そういうわけでもなく、上位が固定されてしまう傾向にある。
 結局のところ、総数ではなく趣味の合う人が集めたブックマークのほうが役に立つ。その点では、はてなのお気に入りという発想は秀逸だ。
  1. 2006/07/20(木) 01:17:56|
  2. インターネット|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ブラウザのブックマーク


ブラウザのブックマーク、使ってますか?
 と聞かれたら確かに使っていない。

 かつてソレはものすごく大切なもので、個人サイトには必ずあったリンクページを一つ一つ確認して収集した。
 せっかく登録したサイトも、すぐに移動したり消滅した。だから毎日メンテナンスが必要だった。
 Netscapeは時々ブックマークを壊した。そのたびに青ざめてバックアップから戻した。

 という、ブックマーク盆栽をやめるきっかけは、「MyYahoo」と「はてなアンテナ」であった。
MyYahooはマシンが異なっても同じブックマークを使える。
はてなアンテナは更新情報をサーバー側で調べておいてくれるので、いちいち見に行く必要もない。
 もちろんGoogleも重要な存在。キーワードさえ覚えておけば、Googleで何度でも探せばいい。このときには、ブラウザのメニューでディレクトリごとに整理された数百のブックマークを管理することがもう不可能になったのかもしれない。
 FireFoxがRSS対応のブックマークをサポートしても、何の興味もわかなかった。もはや個別ブラウザのブックマーク時代は終わったのだろう。
 はてなブックマークは、他人とブックマークを共有する新たな体験であった。はてなのサービスではこれが一番のヒットではないかと思う。
 URLがちゃんとわかったほうがいいのは、archive.orgのような過去のサイトを調べるときぐらい。

 さて、今後のブックマークはどうなるのかな。「シームレス」「メンテナンスフリー」というところが鍵かな。
  1. 2006/07/19(水) 00:32:12|
  2. インターネット|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

パソコンの起動時間

 今日は、ユニクロに行こうと思った。近所の店舗は飽きたので、違うところを探すためにユニクロのページを見る。

 パソコンの電源を入れてから使用できるようになるまで、どんどん待ち時間が長くなる。MS-DOSころの16ビット機は瞬時だったのに。
 かつて、OSをWindows2000からXPに変えたときには、劇的に早くなったように思えたが、いまから考えれば真偽が疑わしい。確かにログインプロンプトが出るまでは早くなったが、そのあとが長い。数分間はハードディスクをアクセスしている。アイコンをクリックしても、ソフトはすぐに起動しない。結局は、使いたいソフトが使えないのと意味がないので、仕事場のパソコンではブラウザとメールなど日常使うものをスタートアップにいれて、出勤したら電源投入後に放置しておくことにしている。時々エラーが出ているのはOSが安定していない環境で起動したのが原因ではないかと思う。
 さて、起動時に様々な処理を行わないようにサスペンドという機能を使うことも多くなったが、短縮できる時間は意外に少ない。搭載しているメモリ量を考えたら無理もない。ハードディスクのスピードはそれほど早いわけではない。

 OS起動後には、アップデートのチェックが行われる。OSだけではなく、ブラウザ、Acrobatリーダー、Javaランタイムそしてウィルスチェッカーのパターンファイル。みんな好き勝手にサーバーにアクセスして、勝手にダウンロードを始める。パソコンが使用可能になるまでに30分かかったことがあった。早く寝られるとおもったのになあ。

 今後のOSはどうなるんでしょうね。さすがに毎回10分とか15分とかは正気の沙汰ではないと思いますけど。
 もしかしたらパソコンの電気を切ることは禁止され、使わないときは省電力モードに切り替わるだけになるのかもしれない。で、未使用時はアップデートとかウイルススキャンとか最適化とかを行う。いやいや、データーセンターじゃないので停電とかあるし、冷却をちゃんと考えておかないと火事になるかも。

 ということで、いつまでもパソコンが立ち上がらないので、ほったらかしにして出かけることにしました。さすがにもう待てません。いつまでもアップデートしていてください。ついでに言うと、ユニクロの最寄店舗は携帯からでも調べることができます。
  1. 2006/07/17(月) 23:57:37|
  2. コンピューター|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

素人に映像が製作できるのか

 Youtubeに不正映像上げてる奴らを排除しろ! 
おおむね同意。特に権利関係は先日書いたとおり。でも、素人映像に関して引っかかるところがある。
 小さな画面、三文役者、人手不足、稽古不足、駄作の量産、行き当たりばったりの生放送、映像文化の破壊、電気紙芝居、、、かつて映画製作に携わる人たちがTV局の人たちに言ったこと。
 それから、40年たって同じようなことをTV局の人が言うのが面白い。

 もし、この相似形が適用できるのであれば、おそらく未来ではTVはなくならない。しかしながら、映像の主役の座はネットに明け渡しているはず。
 そして、何らかの配給元にお金を戻す仕組みが出来上がって、名画劇場をTVでやるかのごとく、TV名場面をネット上で見ることになるのかな。

  1. 2006/07/15(土) 00:21:23|
  2. メディア|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ