Last_Hacks

 この閉塞感に穴を開けよう。

Googleが有償化する日

 不景気になって最初に削るのが広告費。マスコミは出稿料減により軒並み赤字になった。
 広告収入によって支えられているgoogleも例外ではないだろう。思ったほど収益が上がらないYoutubeは権利者からの契約打ち切りの問題に直面している。
 このまま収益が低下するようであれば直接課金に移行せざるを得ないかもしれない。そうなったとき一番有料化しやすいのがGmailである。

 が、しかし、Gmailは有料化されるとしたら最後になると思われる。なぜなら広告収入以上の価値があるからだ。
 Googleはメールの中身を人間が見ることはないと公言している。ーワードを切り分けて、インデックスを作成して検索機能を提供する。そこで統計的情報を使わないとは言ってないけどね。
 キーワードの出現頻度と傾向を調べていけば、利用している人も気がついていない近未来が見えてくるんじゃないかな。未来がわかる情報に制限をかける馬鹿はいないよね。
  1. 2008/12/28(日) 16:58:27|
  2. google|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Google App Engineの練習

 まずはアプリケーションを書いて、手元で実行テストを行ってから、サーバーにアップロードして、動作を確認する。
 といっても、以下の記事に従っただけだけどね。
Google App Engine詳解:さっそくHello Worldから作ってみた

 2点引っかかった。1点目は日本語。dev_appserver.pyでテストを行うが、app.yamlに漢字が入っているとFatalErrorになる。
ERROR 2008-09-05 17:05:14,312 dev_appserver_main.py] Fatal error when loading application configuration:

 2点目はアプリケーションID。appcfg.pyでサーバーにアップロードするときに以下のようなエラーになる。

Scanning files on local disk.
Initiating update.
2008-09-06 02:02:48,983 ERROR appcfg.py:1128 An unexpected error occurred. Abort
ing.
Error 403: --- begin server output ---
You do not have permission to modify this app.
--- end server output ---

これはDashboard for builderでアプリケーションのIDを設定したものとapp.yamlでのapplicationの項目が違うのが原因。同じでなければならない。しかも全世界でユニークでないとだめらしい。builder-example1はもちろん誰かが使っているので使えない。
 ありがとう偉い人
[python] - a geek
  1. 2008/09/06(土) 02:03:55|
  2. google|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

iGoogleは実はすごいのでは


 ユーザー作成のガジェットは4万ある。ユーザーは1000万人いる。まだまだニーズをみたせない。
 ガジェットの作り方。
XMLを書くことで簡単なものを作れる。iframeを使うとすでにあるWebサイトの一部分を切り出して使うことができる。
 htmlやjavascriptを活用してどんどん書いてください。というのでは不親切なので、googleではガジェット作成に役立つAPIをいくつも用意しています。例として2つ
 Preferenceは利用者ごとの設定を保存できます。データーはgoogleのサーバーに保存されます。
 Fetching content はgoogleがプロキシーになって指定されたサーバーへデーター取得に行きます。たとえばブラウザーがクロスサイトドメインからの取得を禁じている場合でも、プロキシーとして取得したデーターを使うのであれば同じgoogleですから問題ありません。
 このような便利なapiをいくつも用意して、開発者の手助けをしています。

igoogleの次のバージョンの紹介です。
 左上に会ったタブは、左サイドに表示されます。そこにモジュールの一覧も表示されます。
 ガジェットは全画面に切り替えることもでき、目標としてはigoogleから出ることなく作業を完結するようなページにしたいと。

iGoogle デベロッパー ガイド - iGoogle ガジェット - Google Code
  1. 2008/06/26(木) 23:02:20|
  2. google|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

Google App engine が利用可能になりました

 昨日、Google app engineを試してみたら、不具合のあったSMSを使用した認証の部分はなくなっていていきなりアカウントが作れてしまいました。対応すると言っていたのはウソではないようです。
Downloads - Google App Engine - Google Code


SDKをインストールしてデモを実行。ローカルホストで確認したところまでやった。
 こちらのサイトが役に立ちました。
Google App Engine入門 − IT+

さて、何を作ろう。おっと、その前にyoutubeのビデオを見なきゃ
  1. 2008/06/21(土) 16:55:10|
  2. google|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Google Developer Day 2008 を見てきたかのような

横浜で開催されたGoogle Developer Day 2008 公開後に一瞬で満席になったらしい。がっかりしていたら、すぐにYouTubeで公開された。これはすごい。プレゼンの文字が読めないので、できれば高画質にして欲しかったけど。


 内容をまとめてみる
メインフレームの時代、PCの時代、インターネットの時代、それぞれでサーバーとクライアント、あちら側とこちら側、それぞれの長所と短所を分析することで、やるべきことはコレだということ。
 3つのC cloud,client,connect に関してのgoogleの提案

client クライアントをリッチにするための
 こちらは去年google gearsをリリースしたが、名前をgearsに変えて完全オープンソースにした。ローカルデーターベース、非同期で実行できるワーカープールなど

connect コネクト
 PCの3倍の市場を持つ携帯。ここにandroidを投入しました。どこでも使えます、マルチタスクです、高速です

clond
クラウドコンピューティングをカンタンに
 linux,apache,mysqlの環境をそろえて、サーバーを買って管理して、しかもそれを続けていく。そんな時間とコストをアプリ開発に使って欲しい。
 今はpythonだけだが、将来的には他の言語もサポートする。登録に関して日本のユーザーはSMSで問題があることはわかっている。だから近日中にナントカする。

googleが考える次の時代

 ソーシャルウェブ
人間はつながっていたいという欲求とWEBの表現力の組み合わせ
 今あるサービス,iGoogle,MyMap,YoutTube
Open Social 縦に閉じたSNSサービスにプラットフォームとしてのコンテナを提供することで、ソーシャルアプリケィション(ガジェット)の流動性を高める。
Google Friend Connect ソーシャルなフレーバーをサービスに追加したいとき

 容易な開発
カンタン、あるいは間口を広げる
Google Maps API for Flash フラッシュでgoogle maps
Google Earth API ブラウザでgoogle earth
Google Web Toolkit (GWT) Javaで書いたらJavascriptに
chart api, google static map api REST つまりgetパラメーターに書くだけ

もうひとつのC
 コミュニティ

Be Social




  1. 2008/06/21(土) 01:41:55|
  2. google|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0