Last_Hacks

 この閉塞感に穴を開けよう。

捨てる勇気

 シリーズ物の商品を企画するときに、前バージョンに新要素を追加することは簡単だが、削ることは極めて難しい。そして、たとえわずかであっても不要な機能を使っている顧客がいれば、なおのこと削れない。
 例に出して悪いが、「ドコモのケータイのプッシュトークを必要としている人はいない。」と断言して削ろうとしても何人かが使っている記録が残っているので意見は通らない。よって機能削減どころか数少ないボタンでの特別な割り付けすらかえることすらできない。
 他キャリアのシンプルケータイというのは削って作ったのではなく0からの再スタートである。よって削減ではなく追加だ。

 パソコンの場合、USB2.0の登場によりプリンターポートが不要になった。端子を取り付ける場所がほとんどないノートパソコンですら、プリンターポートがなくなるのにずいぶんと時間がかかった。
 フロッピーディスクは21世紀になってもまだ売られていた。
 最近流行のネットブックではPCMCIAスロットがなくなりEXPRESSカードになった。これは削減というより置き換えかもしれない。
 
 多くの場合は1社が思い切ってレガシーな機能を削って成功すると、同業他社が一斉に追随する。「他社がやってうまくいった」というのは、やはり最強の免罪符だ。

 この非効率性が、人材、設備、資金、情報収集に優れた大企業のアキレス腱のひとつである。
  1. 2009/05/31(日) 00:13:41|
  2. マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本の文化的土壌に絶対あるんです、ヤンキーって

今回は、ダイノジ大谷と水道橋博士が話してた「テレビとヤンキーの関係」について書き起こしてみました。

 いまさらではあるが、ものすごく的確な分析ではないだろうか。
そして、ヤンキーは無駄なものにお金を使うという点において、消費のリーダーであり狙いがわかっている人には金脈に見えるのではないかと。
  1. 2009/04/01(水) 00:30:54|
  2. マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

試食にも限界がある。

 デジタルデーターの複製は限りなく無料に近い。だとしたら、どんどんばら撒いてしまえという考えも成り立つ。

1人の人が「5個試食して1個買う」場合ばかりではない。5人が1個ずつ「試食」して、その中の1人が1個買う、というような場合だってある。上記の例だって、動画サイトで動画を見た者がすべてDVDを買ってくれるわけではない。1人はりんごを買ってくれても、あとの4人はまるごと1個食べたのに買わないわけだ。ひょっとすると、買わないやつに限って10個ぐらい「試食」してるかもしれない。

1個売るために5個試食させる話 | 専門家や海外ジャーナリストのブログネットワーク【MediaSabor メディアサボール 】

いや、ちがうな。りんご10個食べたら満腹になってしまう。これはデジタルデーターでも同じことで、いくら無料でも1日24時間を視聴に使うことはできない。しかも価格の面より深刻なのは、あらゆるものがライバルということだ。
 特に良質なコンテンツを持つ権利団体には、絶対無料では見せたり聞かせたりしない。と徹底的に戦ってほしい。そうあってもらわないと困る。

  1. 2009/03/26(木) 13:10:34|
  2. マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「賢い消費者」とは良いキーワードかな

 今年のキーワードは、機能を限定した無駄のない商品を選ぶ「賢い消費者」になるのだろう。今どきの物作りにおいては、大量に生産されている主力商品から機能を削っても、大して安くならないどころか逆に高くなったりするんだけどね。
 商品を買うというのは満足感を満たすというのが最大の動機だから、「賢い消費者」になったと思うことにお金を払うのは価値があるのだろう。ただ、それを周りの人に自慢したり、押し付けたりはしないでほしいが。

 「自分へのご褒美」とか「未来への投資」とか「地球に優しい」とか大量消費時代にもいろいろあったが、景気が悪くてもそれなりに考えるものだと感心する。

  1. 2009/03/26(木) 00:38:48|
  2. マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

デジタルビデオカメラで日本メーカーの優位性は消えた

 ビデオカメラといえばコンパクトなボディに耐衝撃性の高いメカニズムを凝縮しなければならない、まさに日本企業のお家芸みたいなものであった。
 ここ数年は。ギガバイトをSDカードが数百円で入手できるようになり、わざわざDVD-RやDVD-RAMを搭載する理由がなくなってしまった。
 可動部品を排除できるのはユーザーにとっては良いことだらけであるが、技術的なハードルも大幅に下がることになる。正直言って部品さえそろえればアマチュアでも作れてしまう。

 去年から1万円を切る中国製ビデオカメラが目立つようになった。手ぶれ補正やズームも含めて可動部分は一切ない。
ASCII.jp - 価格比較 - ビデオカメラ本体商品一覧 (1/13ページ、最安値昇順)

 今のところ日本メーカの優位性は光学ズームが一番大きい。ビデオカメラの主な用途である子供の撮影で、運動会や学芸会で顔を撮ろうとすると20倍ズームは必要となる。

 必要な部品は少ないので、超小型あるいはさまざまな形でカメラを作ることもできる。
 たとえば、ペン、サングラス、ガムなど
アメックスアルファ、ビデオカメラ内蔵ボールペン
BGW-063 インタビューライブレコーダー マイクロMIRUMIRU

カテゴリとしてはその他のビデオカメラとなる。
ASCII.jp - 価格比較 - その他のビデオカメラ商品一覧 (1/300ページ、新着順)

 違法性の高い目的に使われる可能性が高いので、日本のメーカーは手を出さないジャンルだと思う。でも、ラジコンヘリコプター搭載カメラには将来性を感じる。
 従来は一般的なカメラをどうやって使うかに苦労してきた。車載とか、ヘルメットカメラとか、鉄道模型とか。そういった用途にカメラのほうがあわせていく逆転が起こるんじゃないかな。カメラのユビキタス化と言ってもいいかも。

  1. 2009/02/16(月) 01:27:04|
  2. マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

番組内広告ってどうなったの

 何年か前にCMスキップに対抗する唯一の手段として番組内広告が話題になったことがある。サザエの家には東芝の最新電気製品があるようなものだろう。専門用語では、プロダクトプレイスメントと言うらしい。
 プロダクトプレイスメント - Wikipedia
 宣伝したいものが車とかケータイならやりようがあるが、サラ金が主な広告主の現状じゃね。
 まさかサラ金で金を借りてパチスロを打つドラマを作るわけにもいかないし。
  1. 2008/12/27(土) 00:19:22|
  2. マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヘッドホンのコードはなぜ切れやすいのか

ヘッドホンのコードは本当に切れやすい、細いから仕方ないかもしれないが、細くても切れない素材もあるわけでその辺を考えてみた。

1.シュレッター等に先が吸い込まれたときや、道路を歩いていて車に引っ掛けたときなどの場面で安全のために切れる。
2.そろそろ買い替えたいと思ったときに切れるので、一定期間使用すると切れやすくなる。
3.何も考えずに細く作った。

うーん、3はないな。というかメーカーの人に失礼ではないか>>おれ

本当はコードレスが一番良いのですが、カナル型では電池を入れておく場所がなく、このあたり補聴器の空気電池とかのテクノロジーを応用して作ってくれないかとお願いします。>>メーカーの人
  1. 2008/10/14(火) 00:02:36|
  2. マーケティング|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

創発はどこに消えた

 2006年ごろにもてはやされたバズワード「創発」、2008年の今、検索すると更新されない死んだページや、デッドリンクが多くなっている。
創発 - Google 検索

 でも、見落としていたアイデアを再発見することもまたあった。TRIZはめっけものだったと思う。
TRIZの発明原理と『智慧カード』で楽しく工夫発想!

さすがに、全部のリンクを調べようとは思わないけどね。
  1. 2008/04/29(火) 23:38:53|
  2. マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

リレーでバトンを落としたら

 この季節に運動会の話をしようというわけではない。Windows Vistaの話だ。

 世の中にある製品というものは、まず大抵はシリーズモノである。映画でもゲームでも後ろに番号のないものは珍しい。携帯は次機種の番号が予想できる。車に至っては「今度のカローラ」とか、番号すらない。
 客のほうも同じシリーズを継続するし、作るほうは開発費を下げて看板を生かす。

 で、WindwosもXPまで順調とはいえないが、大きなマイナーチェンジを何回もこなしてきた。しかし、Vistaに関してはMeに次ぐ失敗かもしれない。まさにバトンを落っことした状況にある。

 こんなときの選択肢

1.値下げする
2.前作を終了させずに引っ張る
3.次期製品のうわさをリークする
4.無料にする

1は誰でも最初に考え付く方法。今回はそんなうわさすらない
2はwindowsXPの提供期間を伸ばすらしい。EeePCのためだとか
3はWindwos7のうわさ。調べてみたら去年の夏からすでにリーク中
4はieのときにとった方法。今回はどう出る?

何度も終わりだと言われながらもピンチを切り抜けてきたマイクロソフトが5番以降の手法を見せてくれないかと他人事のように観戦する私のマシンは未だXP


マイクロソフト、「Windows XP」提供期限を再延長:ニュース - CNET Japan
ビル・ゲイツ氏:「Windows 7のリリースは1年以内の可能性」:ニュース - CNET Japan
Vistaに見切りをつけたMS、「Windows 7」登場は来年か − @IT
  1. 2008/04/11(金) 01:56:48|
  2. マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ベタが好き

 多くの売り上げを上げるサイトは、やたらと字がでかくレイアウトがでたらめで、スクロールを多用する。
japan.internet.com Webビジネス - 売れないオンラインショップの条件
 手書きポップで売り上げアップと同様かもしれない。あるいは、オンライン販売でモノを買う人がどんな気持ちで買っているのかを考えれば当然のような気がする。
 「欲しい」=>「じゃあ注文しよう」という流れには簡単にはならない。背中を押してくれる何かが重要なのだ。だから体験談を大量に書く。
 デザインがどうだとか言う人は、あまり不要なモノを買わない人じゃないかと推測される。
  1. 2008/03/04(火) 00:27:52|
  2. マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ