Last_Hacks

 この閉塞感に穴を開けよう。

世代間抗争が起らないであろう理由

 将来は希望に満ちて圧倒的に社会から得るものが多かった団塊より上の世代と、もはや荒れ野のように希望はすっかりなくなって、重い社会負担を背負わされる運命にある団塊より下の世代において、いずれは世代間抗争が起るのではないかと、いやむしろおこれとばかりに煽っている記事を時々見かける。
 でも、それはないな。たぶん。

 精神的に追い詰められるタイプの若者について、具体例を挙げてメンタルヘルスの対策を行う記事があった。見出しはあおり気味
“傲慢なのに打たれ弱い” 未熟でワガママな若手社員はなぜ増えたのか?|「会社のワガママちゃん」対処法|ダイヤモンド・オンライン

 これが、2ちゃんねるにコピペされるとこのようになる。
【社会】“傲慢なのに打たれ弱い”未熟でワガママなゆとり若手社員はなぜ増えたのか?★ « コピペちゃんねる(コピちゃん)

 若者が老人に向かって反旗を翻すかと思いきや、20代から40代までのそれぞれの世代、「新人類」「バブル世代」「ゆとり」「フリーターとニート」が相互にあるいは同世代で弾を撃ち合っている。こうしてガス抜きをしておけば大きな力にはならない。
 このように40代以下の世代を分けてそれぞれ対立するように配置されているのが老人たちの企みだとしたら、恐ろしいとしかいえない。偶然だろうけど。
 
  1. 2009/06/09(火) 01:12:05|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

H5N1 インフルエンザって何のこと

 新型トリインフルエンザとして、H5N1とかの略称はいったい何?ということで調べてみたところ、ウイルス表面のタンパク質の種類であることがわかった。
A型とB型のウイルス粒子表面にあるヘマグルチニン(赤血球凝集素、HA:haemagglutinin)とノイラミニダーゼ(NA:neuraminidase)という糖蛋白は変異が大きく、インフルエンザの種類が多い要因となっている。

A型インフルエンザウイルスにはHAとNAの変異が特に多く、これまでHAに16種類、NAに9種類の大きな変異が見つかっており、その組み合わせの数の亜型が存在しうる。亜型の違いはH1N1 - H16N9といった略称で表現されている。ヒトのインフルエンザの原因になることが明らかになっているのは2009年現在で、「Aソ連型」として知られているH1N1、「A香港型」として知られているH3N2、H1N2、H2N2、の4種類である。

インフルエンザ - Wikipedia

つまり、Hで16種Nで9種あわせて144種類の組み合わせを全部作っておけば何とでもなるんじゃないかとおもったら、本当に全部見つけた人がいるらしい。
asahi.com(朝日新聞社):カモのうんちに宝が潜む - ニッポン人脈記

 1日1種類ずつ毎日予防接種しても半年はかかるけどね、混ぜてもよいならこれでインフルエンザに対して勝ちなんじゃないかと。


  1. 2009/05/07(木) 00:22:41|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

この続きはどうなるの

サラ金を規制することで、おとととしは成約率が44%に落ち込んで大きな問題になっていた。去年もその傾向が続き7%にまで落ち込んだらしい。

痛いニュース(ノ∀`):“借金してまでパチンコしてたのに…” パチンコファン、消費者金融に貸し渋りされる→パチンコ業界ピンチ
消費者金融難民急増 - ネタりか

 サラ金でお金を借りるような人は、お金を沢山使って消費の下支えをしていた部分もあるので、ピンチになるのはパチンコ業界だけではあるまい。

 一方で過払い金請求は、弁護士や司法書士にとっては、広告をバンバン出すほど儲かる仕事らしい。サラ金と過払い金請求相談の看板が並んで立っていたのは笑った。

 さて、アメリカでサブプライムローンを利用していたような人が日本ではサラ金をつかっていたわけで、この手の人たちが借金ができなくなると、消費が落ち込んでしまう。次はどうなるのか、頭のいい人に教えてもらいたいものだ。

  1. 2009/04/11(土) 16:40:59|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

電車のマナー

 東京ほど電車のマナーにうるさいところは、世界中のどこにもあるまい。至る所にマナー向上のためのポスターが張り出されて、車内のアナウンスもしつこい。

 ヘッドホンの音漏れが気になるなんて、よほど相手にくっつかないとあり得ないが、それがラッシュアワーである。後ろの人の鼻息が気になるぐらいでは、音漏れも問題だ。

 でも、よく考えてみたらそこまで混雑する電車というのはどうなのだろうか、満員電車に対するストレスをマナーの悪い人をスケープゴートにすることで鉄道会社は回避しているのではないか。

 日本中が人口減少にあるなかで、東京だけが人口増になり、いくら鉄道網を増強しても満員電車はいっこうに改善されない。しかもフレックスタイムをやめる会社が増えて、さらに大変だ。

 
  1. 2009/04/10(金) 23:54:44|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

石油は動物の死骸からできた物ではなかったの?

 子供の頃には石油はプランクトンの死骸が堆積したものと教えられてきたが、それは確定したことではなかったらしい。

石油はどこから来たか

無機物から石油が作られたということになれば、現在見つかっている油田よりずっと深いところにも石油が埋蔵されているということになる。

 それが都合がいい人と、都合が悪い人がいるわけで、今のところ石油が枯渇しないと困る人の方が多いので有機物説がひっくり返ることはなかろう。
  1. 2009/04/09(木) 00:54:05|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

嘘をつく人が生き残る理由

 毒を持つ蛾の幼虫、それにそっくりな蛾、蛾を食べる鳥の3すくみにおいて、それぞれは一定数存在することが可能だ。


 正直者と詐欺師と判別者。自然界の三者の均衡は人間社会に当てはまると思います。この事例から確実に言えることは、本当にコストをかけることにはそれなりの利益がある。騙す方にも一定の利益がある。それが、どこで釣り合うか。それは、判定する人間がどれだけ賢いかによる。


 嘘をつくと誰からも相手にされませんよ。というのは、嘘を嘘と見抜ける人がたくさんいるから成り立つ訳で、嘘にだまされる人が居る以上は嘘つきはいなくなりません。

信頼社会への近道は「損して得取れ」:日経ビジネスオンライン
  1. 2009/04/08(水) 00:49:30|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

ウサギは寂しいと死んでしまうというのは迷信なんだそうです

ウサギは寂しいと死んでしまうというのは迷信で、むしろ狭いところでたくさん飼うとストレスがたまるとか。
 寂しくて死ぬのは人間ぐらいなのかもね。

 そういえば、さっきまで行列ができる法律相談事務所をみていたが、紳介の決め玉は「わかるわ〜」なのね。それを使うためには色々な人の話、とくに日陰になっている人とかの話をたくさん聞かないと、具体的な例を出して理解していることを示すことができない。彼の引き出しはすごいなと。
 自分の気持ちを理解してくれる人を誰もが求めていて、だからこそスパムがいっぱいあってもコメント欄を閉じないし、細分化された2チャンネルの特定のスレッドから離れられないのかもね。

 ということを、順序だててわかりやすく書きたかったのだが、要点を書いたところで寝る。
  1. 2009/03/29(日) 23:38:44|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ほりえもんは本当のことを言っているのだろうか

 おどろおどろしいBGMにあわせて都合良く切り刻んだ本人のインタビューを流したり、写真や似顔絵を写してアナウンサーが原稿を読み上げるなど、2年前のテレビの編集は酷かった。最近はテレビをほとんど見ないのでわからないが、今でもテレビはそうかもしれない。
 GIGAZINEさんでほりえもん本人にインタビューしている。

なお、今回の取材内容はすべて録音し、事前に原稿チェックを堀江氏本人に行っていただき、その許諾を得た上で掲載しています。その際にも話し言葉をわかりやすくする以外に大幅な改変などはなく、都合の良いところだけ抜き出すといった編集などもしていません。改めて考える際の材料になれば幸いです。

新聞やテレビが絶対に書かない「ホリエモン」こと「堀江貴文」の真実〜ロングインタビュー後編〜 - GIGAZINE

 今回のGIGAZINEさんのインタビューは本人の声をそのまま伝えること苦心している。そのまま伝えるのであれば、インタビューをそのまま文字に書き起こすだけなので一見簡単そうだが、実はものすごく難しい。議事録を作って本人に回覧したときに、俺はそんなことを言ってないと言われてたり、逆に言った覚えのないことが書かれていることもある捏造の意思がなくても、もともと人は聞いたことを都合よく解釈するようにできているらしい。
 重要な点が書かれていないインタビューは捏造以前にどうしようもない。本人を目の前にして触れられたくないことを聞くのは勇気がいることだが、情報としての価値があるのはまさにそこであり、談笑しながらお互いをほめあった記録なんて第三者には友達自慢ぐらいにしか思えない。
人が思うことを正しく記録するというのは大変だけども、それがお金をもらって働くということだ。

 自分が表現したいことにあわせて都合良く映像を切り貼りするなんてことは、それこそ個人ブログやニコニコ動画などのネットでやればいいことで、公共性を自ら謳うテレビ報道のプロのやることではない。
  1. 2009/03/15(日) 18:06:00|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自分嫌い

 何を言っても何をやっても否定されるというのは悲しいことだ。本当に自分が取るに足らないちっぽけな存在に思えてくる。
 日本の子供たちは自分が嫌い−。東京都教育委員会が公立の小中学生、都立高校生を対象に「自尊感情」について調査したところ、中高生の5〜6割が「自分」を好意的にとらえていないことが10日、分かった。

自分嫌いをなくそう! 都が小学生に「自尊教育」導入へ (1/2ページ) - MSN産経ニュース

 原因は何だろう。ネットが発達して何をやっても一番になれないのがわかっているから?先が見えているから?大人に幻滅したから?

 押さえつけても反発をしないのは、無駄であることをわかっているのだろうか。

 何かをやればいいってものじゃなく、世の中の自信家の人たちって、意外にも根拠がなかったりする。まあ、「馬鹿になれ」ということで。
  1. 2009/03/14(土) 01:26:56|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

20世紀少年の映画は作り直したほうがいい

 原作の漫画の登場人物にあわせてキャストを決めたので当然ではあるが、「わー、似てる似てる」というか、年始のかくし芸大会のドラマのようである。

 ストーリーに忠実に教科書的な手法でドラマに落としこんだようだ。安っぽさだけが強調されてがっかりだ。しかも唐突にでかい音。ポカーンとした俳優の顔アップの連発。
 途中から終わりの時間が気になってしょうがない。正直、漫画で読んだときの記憶を安っぽい映像で上書きしてほしくない。
  1. 2009/02/01(日) 18:23:25|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ